背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燈花会、道後温泉など
08/21 (Wed) 01:54|旅行
DSC_2585.jpg DSC_2583.jpg  DSC_2589.jpg  DSC_2601.jpg DSC_2596.jpg

先輩のお誘いを受けて奈良の燈花会へ。大仏の夜間参拝ができるので凄い行列ができていました。偶々法会が行われていて、読経の声が響くなか参拝。行けてよかった! 
ちびは当初鹿をかわいいと思ったようです。背中をなでにいっていました。しかしその鹿に自分の小さいうちわを食べられかける。その後、行く先々で出会う鹿に『これはぼくのだよ! 食べるものじゃないよ!』と主張していた。

その後少しあってフェリーで愛媛へ行きました。目的は道後温泉。船中泊して、夜明けに下船。
甲板から浪間から昇る日の出が見えました。お日様は本当に赤くて丸いと思った。いいものを見ました。

その後バスで松山へ直行して道後温泉。さすが混んでる! 
入浴のあとは浴衣に着替えて写真のお座敷でお茶とお菓子をいただきました。
加えてサイダーを買ってうちわで涼む。

坊ちゃん列車の時間に間に合うよう表に出たら、打掛を着たきれいな花嫁さんが通りがかりました。気が付けばちびがその行列の進行方向を阻んでいた…。慌てて移動させましたが、おっとり微笑んでいる花嫁さんがうつくしかった。ほんとにいいものを見ました。

その後今治へ行って昼ごはんをと思ったら、予定の店が閉まっていた。店休日ではないはずなのに閉まっていた…。そこで開いている店を探す。
炎天下を彷徨っていたら、登泉堂のかき氷を求めて並ぶ行列に出くわしました。もともと旅の下調べ中にここにはいきたいなとは思っていたのですが、人気のあまり行列だというので、一度諦めていた。でも運命だと思い、根性で並ぶ。
15分後、伊予柑のかき氷を食べました。酸味は少なく、皮の香りと苦みがほのかにあって感動的に美味しかったです。待った甲斐がありました。諸々で写真を撮る余裕はなかった。
夫は和三盆を食べていて、こちらは上品な甘み。ほうじ茶のかき氷もありました。ちなみにお昼は近くで先に食べた。

暑いながらも楽しい旅行となりました。
夏休みがもう終わるなあ…
スポンサーサイト
淡路島
07/26 (Fri) 01:15|旅行
淡路島


友人夫婦と淡路島へ行ってきました。

淡路ワールドパークONOKORO→ホテルで釣り→ちび就寝→友人と飲み→
翌朝ホテルでプール遊び→チェックアウトして海→神戸アンパンマンこどもミュージアム→帰宅 
すごく満喫した。特にちびが…

友人夫婦のお子さんはひとつ年下なのですが、ちびがすごく彼を好きで、名前連呼してついていく。
お互いに言葉通じてるかあやしいながら、二人でぴょんぴょん飛び跳ねながら
笑って盛り上がってて楽しそうでした。よかったよかった。

①淡路ワールドパークONOKORO
暑すぎて皆ばてていましたが、スイカ氷なる変わったかき氷を食べられたのが収穫。
氷みぞれに角切のスイカが埋まっているというもので、結構乱暴な見た目ですが、
おいしくすずしくなれました。

②淡路島の海
遠浅で砂もやわらかくて遊びやすい海です。
しかしちび達は怖がってほとんど水に入らず、皆で砂山を作って遊ぶ。そして踏んで壊す。
浅瀬に直径30センチはある巨大なクラゲが浮いていたので持ち上げてみたところ、
ゆるゆる垂れてくるかと思いきや意外と固かったのが印象的でした。ヤドカリも発見。

③神戸アンパンマンこどもミュージアム
ちびのテンションが上がり過ぎて、連れ帰るのにひと苦労。
文字通り引きずって帰りました。
冷房の効いた室内で遊べるから夏に行きやすい感じです。
混んでるのはもう仕方がない。

夏に旅行なんて行くもんじゃないとか言いあいながらですが
体力は消耗しましたが
楽しかったです!
明治村
01/13 (Sun) 00:01|旅行
名古屋に行ってきました。
友達に会えなかったのがすごく残念だったんですけども…
明治村へ観光へ。友達から何年も前から話にはずっと聞いてたんですが、
なぜもっと早く行かなかったんだろうと思った。
テーマパーク的なものかと思っていたんですが、基本的に全部本物の重要文化財とかが物凄く沢山、
そのままそこにぼーんと建っていて、場所によっちゃふつうに中に入れてしまうという
なんだかにわかには信じられないような何かです。博物館ってパンフレットには書いてありますが、
博物館というにはでかすぎます…

広いし、人も少ないしで、ほぼ貸し切りみたいな状況で見れてしまいます。贅沢すぎる。
民営なのですね。取り壊されそうになった歴史的建造物を見てられなくて次々レスキューしてたら
明治村になって、中の建造物もいつしか価値が認められて重要文化財になってたという経緯らしい。

都合上かけ足で廻って、目標にしてたポイント12か所を2時間で全部見ようとするという
無茶をしてしまったのを悔やんでいます。明治村の広さは想像を遥かに超えてたし、見始めると
あれもこれも凄くて見たくなる。朝から晩まで居たかった。
『あの本に出てきたあれはこれだったのか!!』的な感動の嵐。
遠足で来てゆっくり見てる小学生が羨ましかったです

ちびは蒸気機関車を楽しみにしていました。
京都でも梅小路で蒸気機関車に乗れるけれど、乗車部分はトロッコ列車みたいに新しく
改装されたもので、当時のものではない。沢山の人が乗るものだからそっちが普通だと思うのですが
が! 明治村のは内装が当時のまま綺麗に保存されていて、それに乗れるんです。
窓に綺麗な木製の日除けがついていて、それが硝子窓の下にきちんと収納されてたりする。
ちびもすごく喜んでましたが、私だってこれが感動せずにおられるか、という状態に。
しかも山中を走る車窓から湖が見下ろせて絶景。
乗れなかったけど明治時代の京都市電も村の中を走ってて、これも凄く素敵。

車掌さんも当時のものらしき服装です。黒地にシンプルに赤い線が入っているやつ。
その車掌さんが首からかえたがま口の黒い革鞄をぱちんと開けて切符を売ってくれるのでした。
受付のお姉さんも矢絣袴、乃木さんに本当にそっくりな白いりっぱな髭を生やしたお爺さんが
軍服をぱりっと着て立っていたりする。乃木さんが長官を務めていた頃の学習院長官舎が
明治村に保存されているからだと思いますが、スタッフの方だろうか。
なぜ私は写真を撮らせて下さいと頼めなかったのだろう…
それはバスの時間まで5分しかなくて走っている途中だったからですが、本当に悔やんでます
あんなりっぱな髭をきちんと生やした方には人生で初めて会いました。

できることならもう一度行きたい。
台湾とか海の日とか
07/16 (Mon) 13:10|旅行
夜市の果物屋さん

チーフご夫妻と一緒に台湾へ旅行していました。
何年か前から一緒に台湾行こうという話はあって
それが実現したかたち。
楽しかった!!!
台湾は治安がよくて人が親切だなあって印象です。
人の親切さと治安は関係があるのかなあとか考えた。
↓ 写真いっぱいで長いので旅行記はサイトに置きました。
台湾旅行記

そんなこんなしてるうちに祇園祭。
今日は海の日でもあるのかあ…



海とかぱんだとか
01/23 (Mon) 23:42|旅行
窓から くま ペンギン 観覧車 べびーかすてら


白浜へF君夫婦と旅行に行きました。双方子連れなのでかっちり予定を立てずゆるくいきます、
という感じでレンタカーを借りてちびどもを含め6人で出発。
ちゃんとした予定が立てられなかっただけにかなぽんに声を掛けられなかったのが残念だった…

ちびが一歳年下で初対面のおちびちゃんと仲良くできるかちょっと不安でしたが
その心配はいらなかった。
二人とも言葉なしでわーわーうれしそうに盛り上がっていました。
車内でだんごになっているおちびちゃん二人に押しつぶされてみると、なんだか異常に楽しかった。
そして母たちはぼちぼちと男の子ってさ、と話すのであった。
女の子の赤ちゃんとは同じ人類とは思えないのである。

アドベンチャーワールドがすばらしかった。
特にアシカショーだけれど、昔見た『アシカたちのちょっとかわいいお遊戯』くらいを想像していたら
とんでもなかった。疾走するスピード感とプロ意識を感じる技に拍手喝采。
アシカがこんなにかっこよく見えたことは未だかつてない。

イルカショーもイルカショーです。
訓練士さん(というのかな)が突如として凄いキレで水中に飛び込むし
人間がイルカに乗るしイルカにぶん投げられて床の上を滑っていくし(もううまく説明できない)
何だか凄かったです。

間近で熊やペンギンやフラミンゴを見たことにも感激しましたが、何よりも印象に残ったのは
館内にあふれるパンダグッズの物凄い量です。スタッフさんのかぶっているパンダ帽に始まり
パンダ写真、パンダぬいぐるみ、パンダ乗り物、パンダパペット、パンダおみやげ…すべてがぱんだ。
館内には確かにパンダがいたけれど、そこまでぱんだをというくらいにパンダだった。
観覧車の中央にもぱんだ。

ベビーカステラを買ったら一個ずつ形が違っていてかわいかった。ペンギンと犬。
他にパンダもあったけれど食べてしまいました。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。