背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーバイズ
04/12 (Sat) 21:07|夢記録
完全復活!(体調の悪さから)

今春、年中組になったちびが、自分の好きだった番組に突然きっぱりと別れを告げた。
「4月の5日からぼくもう好きじゃないの。もう見ないの」
驚きのあまり慌ててどうしてなのかと聞いたら
「ぼくもう大きくなって○○組さんになったから、違うのが好きなの」
進級して心境の変化があったようです。わー成長してるー。
それにしても好きでなくなった日付がやけに具体的だった。

今日は夢記録。
夢の中で夢分析していたら、故河合隼雄先生がつかつかと歩いて現れて
非常に真剣な顔でアドバイスを下さる夢を見た。

一つの夢の分析ではなく、そこから始まった夢の流れをどうつかんで見るか、という話。
転移の話も含めたかなり指示的な内容。
私は最初ぼんやりと無意識に夢を見てたんだけど、河合先生が現れて鋭い眼光で
あまりビシッと言われるので夢の中でちょっと起きました。
言われたことの意味を自分で分析し直して、ああほんまや、と納得したところで
ふとんの上を転がってきたにこにこのちびにおはよーと言われました。

河合先生に夢の中ででも、会えて嬉しかったです。
スポンサーサイト
05/11 (Sat) 22:38|夢記録
黒豹の頭をもった神の夢。 ※悪夢(?)なのでご注意ください※

炭化した指が累々と転がる荒野で、あまりの事にそれが人間の焼死体の断片だなどと信じられず
誰かの悪い冗談だと思っていたら本当だったという夢。
飛行機が墜ちたのだと言う。沢山人が死んだ。
飛行機を墜としたのは黒豹の姿をした真っ黒な神で、自分も殺されると思って私は逃げたが
追ってきた半分黒豹、半分人間のその神は、こわがらなくていい、害意はない、おまえを護っているだけだ
と窓越しに言って遠まきにこちらを見ているだけなので少し安心した。
でもやっぱり怖かった、という夢。
黒豹の頭を持った神の夢は何度か見たことがありますが、毎回こわい。
神話だとテスカポリトカが一番近いと思います。メキシコの神様。
自分が最初のシーンで現実を信じられず逃避してるところが最もリアルでした。
川と象
01/11 (Tue) 21:25|夢記録
先日急に思い立って、子供時代に近所にあった川を
見に行きました。
実は夢に見て、どうしても気になって仕方が無くなったのでした。
でも、実際に行って見ても、もう懐かしいとは思えなかった。
そこにあるものは何も変わっていないけど、私の中にかつてあったものが
今はなく、まるで、写真で見た他人の故郷を訪ねているみたいだった。
そこで起こった出来事はなんでも覚えていて引き出せるのに、
にもかかわらずぜんぜんさわることができなかった。
その川のイメージだけが私の変わらぬ故郷として私の中に固着して
実物とは何の関係もなくなってしまっていた。
さびしいことなのか、それでいいのかわからない。

その川の夢のなかに、壁の中に塗りこめられて杭うたれ
身動きのできない巨大な象がでてきました。
あんなばかなことをなぜ誰がするのか
とそれを見た私は憤っていたけど、起きてから考えたらそれは
私がしたのに違いないのだった。
そしてその象も私に違いないのだった。

夢に出てくるのは基本的にぜんぶ自分
根深い問題だなと思ってます。
問題は自分が自由に耐え得るかどうかです
そうでなければ象は壁から出ても違う檻に入るだけだと思う。

今年はこのことも考えます。たぶん解決とかはしない気がするけども。
あやしさの保持
10/18 (Mon) 10:11|夢記録
このあいだからの夢経過。

1.殺人鬼に幽閉されている少女の夢(まだ殺されていない)
2.ヴァータという名前の幼い少女が、地下階に棲む男二人にさらわれる夢

殺人鬼は言葉の刃を持ったアニムスだと思う。
トイレの怪談の夢のあと、切り替える、と書いたんだけど
どうも怖いと思う気持ちとか一連の出来事に関する心のこまかな幼い動き(少女)を
理性でばっさり斬り伏せたかな、それで私は逃げたんだな。と
この夢を見て思わないでもなかったです。
そのほうが怖くないし怪しくもないし安全ではあるけれども
それが最善の策なのかどうか疑ってみた。
あえて怖くてうさんくさくてあてにならないものを耐えて持ち続けてみてはどうだろうか
と自分に向かって提案してみた週末でした。
それが何につながるのかは全くわからないですけど
ろくでもないことになるのかもしれませんけど
そして毎日トイレに入るのが怖いのですけど。

ヴァータという名前の少女については、何かヴァータって聞いたことある…と思って
ネットで検索。
アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)の用語なのだと知る。
しかし、ファッション雑誌で美容関係に用語が使用されてたりするのは見るものの
ぜんぜんよく知らない。
そこでネットの体質診断などをやってみると
なんと私、ヴァータ体質だったのでした。
ヴァータは痩せで理屈ぽくて皮膚が乾燥していて眠りが浅く寒がりだそうです…まさに
今の私だ。
昨年あたりまで中肉中背で寒がりでもなくそんなにものも考えずよく眠れていたので、
今年からこの体質が優勢になったような感じはある。
Wikiをみたらヴァータは「空・風」、ピッタは「火」、カパは「水・地」、を表すそうです。
それはいいけど、それで何なのかよくわからないんだけど、
何でまた自分の体質の名前が夢に出てきたんだろう。
今のところ謎です。
白と黒
09/23 (Thu) 22:12|夢記録
ちょっと前に、敵対する白と黒の男の夢を見た。

長きにわたって敵対し続けてきた二人は、激しい戦いの果てに和解する。
白い男は白い鳥を、黒い男は黒い鳥を連れていたが
二人が別れる時、白い鳥は黒い男のもとへ、黒い鳥は白い男のもとへ行く。
その鳥は不思議な力を持ち、警告と助言を与える守り手だった。
白い男の家に黒い男が入り、黒い男の家に白い男が入る。
そしてその庭を互いの鳥が護っている。

これは多分大昔に見てた悪魔の夢と同じテーマだと思う。善悪というテーマ。
(大昔の夢についてはまた別にまとめて書こうと思っています)
これは完全な融和とまではいかないけど、下手に簡単に融和したらまずいとは思う。
善悪が一体となれば、それは神の領域だけど、極端な矛盾をはらむ。
それを崩壊させないで日常生活を送れるレベルでコントロールするのは
ものすごく難しいと思う。
なので今のところこれくらいがちょうどいい気もします。

次のページ>>




Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。