背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/31 (Sun) 10:41|未分類
今ちょーど横に岡倉覚三の『茶の本』があってたまたま開いたら、さっきの夢と共通する言葉があったので書いておこう。
ちょっと長いけど

『上に向かうも破壊、下に向かうも破壊、前にも破壊、後ろにも破壊。変化こそは唯一の永遠である。何ゆえに死を生のごとく喜び迎えないのであるか。この二者はただ互いに相対しているものであって、梵の昼と夜である。古きものの崩壊によって改造が可能となる。(中略)われらの屍灰の中から天上の望みという不死の鳥が現れる』

スポンサーサイト
大晦日
12/31 (Sun) 10:22|夢記録
夢記録。

私は山中の町に住んでおり、ニュースを配信する仕事をしていた。
ある日、山上に棲む少数民族の男達が、突然山を降りて去っていった。
彼らは色鮮やかに染めた動物の長い毛を身に纏い、眼の周りを黒く縁取って、誰が何を尋ねても、ひとことも口をきかなかった。
同僚の一人は彼等を追っていく。私も行きたかったが、残した仕事をやる者がいない。後で必ず合流できると思い、諦める。

その頃、海のある町からは数々の異変を告げるニュースが届き始めており、私は山を降りて海辺へ行くことになる。
海辺には人が集まり囁き交わしている。待っていた知人が私に告げた。波打ち際の至る所に今まで見たこともないような塩のしるしがある。それはかぎ文字のように見えると彼女は言う。しかしそれが何を意味しているのかは誰にも解らない。
本来なら巨大化しない木の異常生長、空の色の劇的な変化、など各地で異変を示す出来事が相次ぐ。私は口には出さないが世界が終わる、と思う。

8年ぶりにこの手の世界の終末的な夢をみた。まだ終わってないけどさ
8年前の夢の流れは
終末の前兆→世界が終わるのを知りサバイバルする人々→終わった世界を悼み巨大墓を作る
という感じだった。終末夢は一年半に渡って見続け、巨大墓の夢で終結している。今はこの前兆に当たる部分やと思う。
ユング派の分析家の先生に見て頂いたところ、思春期の劇的な変化を示す夢だが、同じ変化でも出方が人によってものすごく違うとのこと。
この変化が人を殺す夢などで現れるケースもある。
世界の終末という形で出るのは、存在の根底から世界観が覆されたことを示す、とおっしゃって、明治維新みたいな感じやと付け加えておられた。
うちは変化の仕方にこういう癖があるんやろうなと思う。
しかし今こんな沈鬱な予感に満ちた夢を見てはいるけど、実生活ではいたって平穏に暮らしているのであります。
何が終わるのかなんて終わってからじゃないとわからない。けど何となくわかっているという感じがする。

夢はともかく大晦日なので、お蕎麦買いに行きます・・・
しょうが湯
12/30 (Sat) 10:16|日常
寒い。
朝ごはん代わりにしょうが湯をつくって飲む。はちみつ入り。

昨晩のごはん:
たまご入りポテトグラタン
大根とキュウリとツナのサラダ
ワカメと白菜のお味噌汁

ポテトグラタンのボリュームが半端じゃなくて
それだけでおなかいっぱいに。
量を考えて作らなあかんわ。。。

今日は抹茶プリンをつくりたい。

   ☆ ☆ ☆

大掃除をした。今晩はすき焼き!
すき焼きにたまごを使うので抹茶プリンは今度つくる。

お昼ごはん:
白菜と挽肉のあんかけ丼
でした。
12/29 (Fri) 10:40|日常
起きたら雪降ってた。
雪が降る間は、音があっても音がない。世界が静止しているみたいだ。
たまに雲が切れて太陽が出て、あたりがきれいな金色の光でいっぱいになる。
コンクリートの上も軒先の雪も、もうすべて融けた、と思ったらまた降り始める。
これは積もるかも。

昨晩上出来だったのはシチュー。
じゃがいもも人参も豚肉もでっかくごろごろに切ってちょっと焦げるまで炒めてみた。豆や白菜も入れる。
煮込み料理を作ると必ず思い出すのは、昔古い雑誌で読んだ記事のこと。
その記事はヨーロッパの古城に住んでいる貴族を取材したものだった。
貴族の生活について書いたメイン記事は全然覚えてないのだが、ずっと記憶に残り続けているのは、その古城の使用人である双子のお婆さんを取材した小さい記事だ。
彼女等は不思議においしい料理を作る。
その秘密は何ですか、と問うと、彼女等は答えた。
「あくをとらないことと、少しくらい落ちたものも洗わないこと」
すごい衝撃だった。
あくって、どんな本を見ても必ずとることになっている。
あくを取るのは、えぐみとか、味の癖とか、そういうものを取り除いて澄んだスープにするためだと思ってたけど、それをとらないっていうのは、すごい考え方だと思った。
いっしょくたに全部煮込んで、食材の癖の強さもちょっとくらいのえぐみも全部包容し、たべてしまう。
落ちたもの洗わないのもそれと共通する考え方なんだろう。
双子の彼女達、人間に対する考え方もそうなんちゃうかな、と思った。

苺をたべる
12/28 (Thu) 20:08|日常
苺がどーしてもたべたかったので買ってきた。
後で、白いチョコレートと一緒にたべよう。

そういえば、今晩か明日の晩、雪が降るって聞いて楽しみにしている。
ベランダに積もらないかな?
自転車が滑るから、道に雪つもったら通勤が大変やけど、積もってほしい。

年末、今の時期お店は非常に忙しい。
外からかすかに聞こえてくる商店街の音楽も、いつのまにかジングルベルから第九に変わった。
お客様もせわしない表情。

今年の大晦日はどう過ごそう。
多分普通に掃除して年越し蕎麦を食べて、初詣に行って、テレビを見て終わりだと思う。今、鏡餅を買うべきかどうか迷っている。いらんと思うねんけど・・・だってちょっと変でしょ

今日の昼ごはん:
鶏肉とキャベツの和風パスタ

今日の晩ごはん(予定):
人参とじゃがいものシチュー
春菊のおひたし
かぼちゃのサラダ
きゅうりとワカメの酢の物

今日のテーマは「野菜をばりばり食べる」。
気分が
12/27 (Wed) 21:28|日常
気分が悪い・・・よくわかんないけど

今晩の献立:
鯖の揚げ団子と温野菜サラダ
照り焼きチキン
もやしと卵の炒め物

そういえばおとといの晩、こんな夢を見た。
こないだ母が死んで、知らない人が知らないうちにお葬式をあげてしまった
という夢。
私は母が一人孤独に暮らしていた東屋を訪ねて行くが、そこには母の痕跡は何一つ残されていなくて、殺風景な部屋にはすきま風がふいていた。
ものすごく悲しくて泣いていると、きれいな洋服を着た母が現れて、むじゃきなようすで「何やってんのん」と聞く。
私はとたんにうれしくなってどこで何をしていたのか尋ねるが、母は「お父さんと旅行をしていたの」と答える。
私は、あの父とこの母が一日でも何事もなく旅行できるわけがないという強い疑念を抱く。
父の車がすぐ近くに来ているから、一緒に旅行に行かないかと誘う母。
頭の中を母も父も死霊ではないかというかすかな思いがよぎるが、私は母懐かしさについていこうとする。
気づくと私と母のいる東屋の外は全部お墓になっていた。

起きてから「母も父もまだ生きてるのになあ」と初めて思った。
じゃあ何だったのだろう、と今日も考え続けている。
牡蠣グラタン
12/26 (Tue) 22:45|未分類
20061226224530
牡蠣グラタン。こんな感じ。
煮物で危うく焼死事件
12/26 (Tue) 18:42|未分類
昨晩焼け死にそうになった。
事は単純、ひじきを煮ていたら、ガスの火が私の着ていた服に燃え移ったのである。
急いで脱いではたき消したけど、分厚い服のせいもあって全然熱くなかったので、気付くのがあとすこし遅れてたら人知れず焼死してたかもしんない。
と思ったらなんかやけにおかしくて笑ってしもた。
しかし焼死は一番嫌な死に方。意識が中々なくなりそうもない所が。

昨日の晩ご飯;
命がけで作ったヒジキの煮物
ポテトサラダ
ツバスのお刺身
肉団子と小松菜のごまあんかけ

今日のお昼ご飯;
激辛小松菜とツナのパスタ

唐辛子のペーストを入れすぎた為、見た目も赤くて、食べたら咳込むほど辛いパスタになってしまった。
食べた後氷で舌を冷やして、口直しに小さなチョコレートのケーキをたべた。
これは前の職場の料理人さんがクリスマスに焼いてくれたもの。
ずっしり重く、きめ細やかでしっとりしている。中に細かくきざんだくるみが入っていた。ブラウニーなんだろうけど、今まで食べてたブラウニーのぱさぱさとした感じが全くない。
これはスタッフが食べるものなんだけど、うちにもおすそ分けしてくれたのだった。
思えば厨房の人はチーフ始め皆さん優しかったな。まかないのおかずにろくなものがない時、オムレツ作ってくれたし(ごはんの恩は忘れません)。

今日の晩ご飯は鯖のなめろうと牡蠣のグラタン。
牡蠣は安くなってた。鯖のなめろうはテレビで見てたべたかったので
今日作ってみた。鯖の皮を削いで骨をとり、細かくたたいて、葱、味噌、
生姜、ゴマなどを混ぜるというレシピ。
皮を削ぐのが一番の難関だった。高校生くらいの時、
魚のさばき方というと、父親から無理矢理教え込まれた記憶はあるものの
その後全然練習してないのでど下手。
魚は好きなのでなんとかしたいけど・・・
ノック
12/23 (Sat) 18:03|日常
今日の昼ご飯:
昨晩の鶏ガラスープに麺を投入しただけのラーメン

今日は休日なので頭が痛くなるまで寝ていた。

一人で部屋にいる時ドアをノックされると怖い。
『○○さーん、宅急便でーす』という声をかけてくれるときは大丈夫。たいていドアを開けると、白い前掛けをつけたお爺さんが箱を持って立っている。
チャイムが鳴った後ポストにチラシなどを入れてる気配があると
何かまだましだけど、今日はチャイムが鳴ってノックがあったのに
ポストになんにもはいってなかったので不気味だった。

何やろー今日すっごくやる気ない
一日中寝ていたい感じ。眠くはないんだけれど。
飲食すると気持ち悪いので、おなかにはものを入れないでおこうと
思い、お茶も飲まず本見たりしてぼーっとしている。
しかし晩ごはんは作る。
多分ポテトサラダ。そしてツナとセロリの和風パスタ。ひじきの煮物。

最近外に出たいとか全然思わない。
ひきこもる時間がないひきこもりみたいになってる。
だって人ごみは疲れるんだもん
でも何か問題だなあ
水餃子
12/22 (Fri) 23:07|今日のごはん
昨晩の献立記録:
水餃子、焼き味噌葱スープ、キャベツの甘酢炒め

水餃子の皮が理想のようなもちもちの食感にならなかったので
食べてみて首をひねった。
強力粉と薄力粉を半量ずつ熱湯でこねて寝かせてからのばしたのだが
美味しく作るにはこの過程に何かこつがあるのだろうか。
水餃子は胃にはやさしかったようだ。朝少し楽だった。

今晩の献立記録:
ひじきとたまごの炒飯
鯖の塩焼
鶏ともやしとセロリのスープ

たまに、ぱっと本を開いて目にとまった言葉を拾う遊びをする。
暇やし手近に聖書の豆本があったのでやってみた

『一粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの実を結ぶべし』

有名な言葉がでてきた。
一粒の麦とはキリストのことでもあるし他のいろいろなもののことでもあるとおもう。
願い 欲求 ある生き方 ある幻 とか

少し寝ようかな。

献立記録
12/21 (Thu) 09:36|今日のごはん
昨晩の献立記録:
かぼちゃとひじきのサラダ
鯵の南蛮漬け
鯵フライ
トマトスライス甘酢がけ

南蛮漬けはお母さんに作り方を聞いて作った。
かぼちゃのサラダはごま油と酢とあと適当なものを入れた。
お店で食べたことのあるようなおいしいかぼちゃのサラダの作り方を
知りたい。何で和えているんだろう? マヨネーズ・・・ではないような。

今朝:
トースト
茹で半熟たまご
ヨーグルトと蜂蜜
珈琲

おなか気持ち悪いのがなかなか治らないので往生している。
なんじゃこりゃ

PMSと睡眠時間
12/20 (Wed) 12:38|日常
やはり、睡眠3時間だと仕事でミスを頻発する。効率も悪い。
精神的にも変。
何というか、思考回路がマイナスの素材ばかり拾い上げ
それをもとに最悪の予想結果に向かって突き進み、集束していくのだ。
心のある冷静な一点がその思考回路を傍観していて、
これはなんかおかしいんじゃないか、と思って薬を最低量飲んでみたが
あまり効果はなかった。

最初PMSのせいだけだと思っていて、後であんまり寝てないことに気づいた。
やっぱり人間はある程度寝ないといけない。
寝たらだいぶ違った。体の状態は精神にもダイレクトに影響する。
PMSの時期は特にそうで、不確定要素の多い人生が面倒になってきて
自ら最悪のシナリオに向かって突き進み
自分の手で最悪の予想を現実にすることで安心する、
という非合理な行動をとりがちなので注意が必要。
最近はそうでない思考回路の時のほうが多いので、少しおかしいということに気づけるようになった。
この非合理的思考回路の根本は「不信」なのではないかと最近考えている。
人間への不信、社会への不信、幸福になれるということへの不信、いろいろな不信。
最良のシナリオに向かっていく努力をするほうがよっぽど合理的なのに。
でも信じるという行為は勇気がいる上、大抵はある程度あほを見るので
不信を基にして行動し、マイナスのシナリオに向かうほうが一時は賢く見えるのが微妙なところ。
うちはある程度あほを見て大筋でちょっと+になるくらいのがいいけど
なかなかバランスが難しいんである。

今日はおなかが気持ち悪くて食欲ない。
昨晩は鶏鍋と、秋刀魚の蒲焼とトマトのココットだった。
レンジで火を通すとたまごががちがちに固くなるので、直接お鍋に水を張ってココットを入れ、蒸したらやわらかな半熟たまごになっておいしかった。
今晩はかぼちゃのサラダと炒め物になると予想されます。
いろいろ
12/17 (Sun) 23:21|夢記録
こないだ、思いがけなく宅急便でかわいい箱が届いた。
OZちゃんからの贈り物だった!
仕事帰り、荷物をどさどさっと置いてから箱を開けて、しばししあわせ~な気分に浸る。
箱につめた可愛いチョコレート・バー。
添えられた手紙とクリスマスカードもクラシックで綺麗・・・
久しぶりに乙女のきもちに戻った。
チョコレートって何か特別。

最近よく夢をみる。

ねむっている小鳥をそっと花の上に置く実験をする夢。
その花はブラックホールのように小鳥を吸い込んでしまう。
花は小鳥をばらばらにして、病気や障害、汚れを全部取り除き、再構成してから、若く完全なかたちでもとに戻す。
その花は、特殊な森にしか咲いていない植物で、その森はルールがこちらの世界とは全く違うので危険だった。慎重に近づかなければいけない。

「若く完全になれるというなら、希望者が殺到するでしょうに」と、森に実験に来た隊員の一人が言った。が、上司は腕組みしたまま言った。
「よく考えてみろ。数多の人間がこの旅に赴いたが、帰ってきた者は少ない」

今日は早めに寝よう。
手紙  
12/15 (Fri) 20:42|日常
最近、献立記録しか書いてへん気がする。

携帯が水没してからというもの、連絡先がわからなくなって
たまに出していた手紙も出せなくなった古い友人がいる。
彼女にはいつも発作的に話したくなったり、手紙を書きたくなるのだが
そう思い立ってみても連絡先がわからないのでいま私は途方にくれている。
まともな住所録くらいつくっておけばよかった。

電話のきらいな彼女に私はよく手紙を書いた。
今思うとうちが書くオチもない手紙によくつきあってくれてたと思う。
突然書きたくなって書くから、その時の脳内思考のまとまらない切れ端とか
全然笑えない最近の出来事とか見た夢とか読んだ本の感想とか
要するにここに書いてるようなことを
学校の授業中とかにルーズリーフにきたない字で何枚か書いて、
たまに何か綺麗な紙とか葉っぱとか見つけたらそれも入れて
茶封筒で送りつけていた。
すごい無防備な手紙。

お互いに言葉はつたないんだけど、友人もうちの書いたものをみて
ぽつぽつ考えたこととかを書いてたまに返事をくれた。
無骨な字が彼女らしくて嬉しかった。

また手紙を書こう
書いてから宛先はぼちぼち探すかな。
休日
12/14 (Thu) 18:00|日常
20061214180053
お好み焼き

向きが違ってるけど、写真は今晩に食べたお好み焼き。
今日は休みだったので買い物に行った。
白い靴と黒いブーツとチョーカーとを買って
INOBUNに寄る。クリスマスツリーの飾りを売ってた。
クリスタルや銀色の雪の結晶のかたちの飾り、すごく綺麗。
ベイビーピンクのスケジュール帳を購入。


昨日の晩ごはん:
鶏スープ
もやしとセロリの炒め物
牛肉とにんにくの芽の炒め物
じゃがいもと人参の千切り甘酢和え

昨日は家に帰ったらごはんができていたのでびっくりした。
めっちゃおいしかった。

12/13 (Wed) 09:34|日常
ROUND1の長州小力携帯ストラップがなぜか二つ部屋にある。
貰ったところはそれぞれ別で、一つはROUND1で働いてる子から貰った。
あと一つは高齢の年配女性からのいただきもの。
このストラップはボーリングで一定の成績を残した女性しか貰えないアイテムなんだそうだ。
一度携帯につけてみて、あまりの違和感にはずした。
どちらもいただきものなので捨てづらく、机の上に並べて置いたら
妙に笑える光景になってしまった。


献立記録。

昨日の晩ごはん:
豆腐ロールキャベツ
大根とリンゴとセロリのサラダ
茶碗蒸し

今日のお弁当:(残りもの)
そぼろ混ぜご飯+卵の両面焼き
ハンバーグ
大根とセロリ・リンゴの甘酢和え

昨日は胃によい献立にしようと思ったはいいけど
どれもやさしい味なのでパンチに欠けた。

思えばかつてないほど健康的な生活しているかも。
バイト行って来よう・・・ストーブの灯油が切れているので
寒いだろうなー
お気に入りのちゃぶ台
12/12 (Tue) 07:16|今日のごはん
胃弱の為、お弁当導入。
外食は弱った胃には重たい。
でも殆ど残りものしかはいっていない。

今日のお弁当:
小さいオムレツ
茹でたほうれん草
キャベツと大根とツナのマヨネーズ和え
セロリ味噌漬
焼鮭
りんご

以上。

寮にいた時オークションで買ったアンティークの小さなちゃぶ台を
PCを置く台にしている。
そのちゃぶ台の表板が最近真っ二つに割れてしまったのだが、
四つの脚と表板とをつなぐ接着部分がしっかりしているためか
割れてもばらばらにならずにつながっている。
まだPCをのせたまま置いてあるので
どうするか考えてるけど思いつかない。お気に入りやし
できれば補修したいけど・・・
原始的に木工ボンドでひっつけるしかないか。
腹痛とか
12/11 (Mon) 16:07|今日のごはん
お腹気持ち悪い(=_=Ⅲ

今日の夜は大根とツナのサラダ、というとこだけ決定。
バイト先の人に胃にいい料理をいろいろ教えていただいた。キャベツ、長芋、里芋などが胃にいい食材なのらしい。キャベツ買って帰ろう。
今日はイワシとめぎすを使ってなんか作る。

今日の晩ごはん:
イワシと葱の混ぜご飯
焼いためぎす
セロリの味噌漬
大根とキャベツとツナのごまサラダ

きすはほんまは揚げたいところだけど、油っこいものは多分胃によくない。
今までは平気で揚げてたけど、当分気をつける。
外食も控えないと危険。
珈琲禁止。お酒禁止。煙草禁止。辛いもの禁止。当分は。
紅茶もきついかもと思って控えている。
当分は熱い烏龍茶とホットミルクだ。

最近は考える暇もなく翌朝が来る。
何歳になったら、「同じことの繰り返しだ、これはすでに経験したことだから私には対処できる」と言えるんだろう? 少しの倦怠と自信とを持って。
大人になったら皆そんなふうかと思っていた。
でも実際は毎日新しいことが起り、事態は予想できない方向に展開し、まるで見たこともない道を私はいつも驚きながら歩いている。
世の中は知らないことでいっぱいで、人間のこともちっとも理解できない。
私の予想を超えてる人物が世の中には多すぎる。

死ぬまでこのまま?
最近見た映画
12/10 (Sun) 21:05|未分類
父親たちの星条旗
硫黄島からの手紙
をみた。

父親たちの星条旗
はラストシーンが好き。
あとで感想かこ。
日曜日
12/10 (Sun) 17:56|未分類
ここ数日でいろいろあった。私は生涯のうち一体何回救急車に乗るのだろう。同乗者としてだと今回で二回目。こういうとき、いつも感情と思考が解離する。思考は冷静、感情はメーターを振り切っている。思考で感情を押さえ込んでその場を乗り切る。ここ数日、やたらに夢を見た。
蓮の花の上に座っている人が妻の前に現れて竜を殺せ、と命じて去る夢、行く先もなく何者でもない不安の中で公園の夕日を眺めている夢、ひどく美しい川の夢。花が咲き乱れ、蝶が舞い、水面は煌めいている。

昨日のご飯;
胃がやられているので
朝は鷄と卵の雑炊
お昼はセロリと鷄のごま油パスタ
夜は外食で石焼きビビンバ

今晩は味噌鍋にします。辛くないやつ。
胃弱
12/05 (Tue) 21:11|日常
胃が弱いので、特定のものを見ると条件反射的に吐き気がしてくる。そのため、最近はあまりお酒飲まないように気をつけている。時もある。
チョコレート、珈琲、ビールはやめられない
忘年会シーズンだ

恒例・献立記録。
お昼:やよい軒のすき焼き鍋
晩ご飯: 小松菜と豚肉のピリ辛和風パスタとビール
出かけてたので、すぐできるやつにした。

今のバイトをしてて、人はそれぞれ言えない悩みを抱えてるものやなと思うようになった。
重大なことほど人に言えない。
上手に小出しにできればいいけどそううまくもいかない。
要領よくいいかげんに生きてるように見えても、しんどくないわけがない。みえないように苦しいことはそっとかくしている。
傍目にはのろのろとだが全速力で頑張って、笑っていても後ろを向いたら泣き顔。
毒舌の実力家、何にも負けない勢いで、脆い心を支えている。
腹の据わった面倒見のよい姉御肌。
今いるバイト先はそういう不器用なひとたちがたまたま見つけた小さい避難所のような場所だ。みんなやさしい。

たくさん
12/05 (Tue) 01:07|日常



たくさんある。
問題はいつ使うかだ。 
寒いなあ
12/04 (Mon) 10:58|日常
今日は休日。
大阪に帰った時ムジカで買った堂島ブレックファストがあるので
いれてのむ。

戸棚の整理をしていて自分の不器用さにいらいらしてきた。
思うように手が動かない。
速く正確・キレイに仕事をする人を知ってるから、自分ができてないのがすごくよくわかって自分にむかつく。
PMSのせいか!?

とりあえず献立記録。

昨晩のごはん:
ピーマンの挽肉詰め
白菜ともやしの炒め物
きのこご飯(貰いもの)

「刻みカカオ」というチョコレートを昨日バイトの先輩から貰った。パチンコの景品らしい。なのでリポビタンDをお返しした。なに?この色気のないやりとりは・・・
チョコは今日たべる。これ、ざくざくとした食感がおいしい。
チョコレートがむしょうに好きなところは母に似てきた。
子どもの頃はチョコが特別すきということはなかったのに、今はチョコレートはほかの甘味とは別格に好き。
12/02 (Sat) 19:51|日常



茶碗蒸がうまくできた。上にかけてるのは辛いあん。
ちょっとコツがつかめてきたかも。
今日は海鮮鍋! です。

バイトしてたら今日は隣の店舗で勤務だった先輩が仕事終わった後で差し入れもってあそびにきてくれた。
そしてその後四時間にわたって手伝ってくれてわからないとこを教えてくれたのだった。シフト入ってないから時給でないのに・・・ただのバイトとは思えないプロ意識やと思う。経歴聞いてたら道理でと思うけど。
それからやっぱりゲイの人は教え上手だ!!

今でんわかかってきた。
友達が京都にきてくれたみたいなのでちょっとこれから出かけます。
12/02 (Sat) 06:55|今日のごはん
いつもどおり献立記録。

昨日の昼:結局パスタをやめて、ブロッコリーと豆腐を入れたラザニア。
昨晩:かれいの唐揚げ、きゅうりと白菜の炒め物
今朝:バタトースト、大根とリンゴのサラダ、珈琲

昨日の晩は「ALWAYS~三丁目の夕日~」を見てた。
淳之介君が一度引き離されてから、再び路上で茶川先生と出会う場面で
ないたー
ヒロミさんの見えない指輪もよかったな

ねむいのに
12/01 (Fri) 08:32|夢記録
5時に起きてそれからねむいのに眠くならなくてへやの中を用もないのにうろうろして、本を読んだけど集中できなくて書くことにした。

そういえばデジカメで撮った写真をUPしたいけどサイズがでかすぎて無理のようです。
編集しようとおもったけどサイズ縮小できるソフトをもってないのだ
しかし写真を合成するソフトはある。そんなのいらない・・・
当分携帯の写真のみかなあ

最近よく夢みる。
昨日:
まあるい生き物が同じようなまあるい生き物を丸ごと呑みこんでしまう夢。
カルト宗教の人が集まってる部屋に間違って足を踏み入れてしまって、何もされないし皆にこやかだけど何かどこかへんな感じがして空気が圧迫してくる感じで、物凄く息苦しくなって必死で外に出る夢。

この夢の感じはなんか変と思った。
まあるい生き物というのは個人の自我やと思う。
私は呑みこまれたのか呑みこんだのか、それともその両方か、どちらにせよ要注意。これウロボロスの蛇と同じかな。なら心配しないんだけど。

今日:
大きな船に乗っている。連れが離れたらあかんと言うけど、私は子どもで一人駆けていって、海中の岩の上に黒髪の女のひとが座っているのを見つける。
その女のひとは琵琶のような楽器を持っていて、にこにこして話を聞かせてくれた。私は彼女にみとれていた。でもその話忘れちゃった。

危ないけど昨日よりは良い。


昨晩、手羽先をお醤油とお酒、みりん、お砂糖、唐辛子粉、生姜で煮てからたまごと粉をつけて揚げたら、すごくやわらかくてふわっとしておいしかった。
手羽先を煮たスープを辛いあんにしてかけてたべた。
おからのコロッケは失敗。揚げてる最中にぼろぼろになってしまう。つなぎにたまごを入れたらしっかりするかな。

米がないので買いにゆく。
どこぞの小人さんが何も言わないのにいつの間にか自転車のかごをつけてくれていた。心置きなく米を買えます。

でも、お昼はパスタ。
ブロッコリーのクリームパスタにしよう。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。