背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸福の王子
02/25 (Sun) 08:14|未分類



バレンタイン、OZちゃんから届いた贈り物。
小さなチョコレートの粒を詰めたゴディバの美しい箱と、BABBIの赤いハートのケース入りのお菓子。かわいい!何が入っているのかな?とわくわくしながら焦茶色の包み紙を解くと、チョコレートをかけたウェハースが出てきた!
数日間、夜のお茶の時間はとっても充実していました・・・。(数日で食べきった)

そして最後にはいっていたのは、一冊の絵本。
オスカー・ワイルドの『幸福の王子』
この本はひとりで静かにして大切に読みたかったので、時機を待って、今になるまでひらかないでとっておいた。
ワイルドは、子どものときはわからなかった作家で、大学に入ってから『獄中記』を読み、一気に惹き込まれるように好きになった。
それまではただ、言葉を魔術師のように巧みにあやつって耽美的な世界を描く作家だと思い、美しいとは思いながらも入り込めないものを感じていた。
それが『獄中記』を読んだとき、やっと共有できる部分をみつけた。
このひとの心臓を見ることが出来た、と思った。
それでやっと心をゆるしていろいろ読めるようになりました。
ワイルドの短編集などを読んでいると、宮沢賢治の短編を読んでいるときと同じ感じを受ける。私だけでしょうか? 
いずれの本も、うっかり書店でみつけてひらいた事あるけど、なみだが落ちてそれ以上読めなくなるので、やば、とその場を立ち去ることになる。その点で、似ている。

『幸福の王子』
曽野綾子訳なのです。この人選に納得した。
谷崎潤一郎訳とかが可能だったら面白いけど、思想面で共有するものがなかったら巧みな表現も上面だけのものになるので、この哀切さが出たろうかとか色々考えた・・・
しかし本をひらいて読み始めたら雑多な考えはすべてぬけおちてしまった。
いつもと同じ、ただ、なんというか。・・・それだけ。
うまく言葉にできへん。うまく言葉にできてもいやなのでおいておきます。
OZちゃん、ありがとう。
なぜあなたはいつも私の好きなものをくれるのかな?
I love this book.
またデートしてください。何度も言ってるのに本気にしてくれへん・・・(涙)
スポンサーサイト
二月二十二日のデザート
02/23 (Fri) 06:05|日常
20070223060503


neutronで。綺麗なお皿でした。
頭が痛くなるほど冷たいメープルのアイスクリームと、ふわふわのチーズケーキに白いクリームを添えたの。そしてココアプリンのベリーソース。
取り急ぎ、近くに食事に行こうと思って予約。お茶しに来たことはあったけど、食事しに来たことは無かった所。ここはお酒と珈琲とデザートが美味しいお店なんだな、と思った。
冷えたキールがとても美味しかった。

猫の集会
02/21 (Wed) 18:08|日常
昨日、買い物に出かけ、猫スポットに寄った。

猫スポットは商店街の近くにある。民家の裏のデッドスペースをコンクリートで平らにならした、日陰の駐車場だ。向かいの居酒屋の人やお婆さんがそこに来る猫に時々ご飯をあげている、というのは前に見て知っていた。
果たして猫はいた。二匹いる。虎縞のと、真黒の。二匹とも箱型になって座っていた。たぶんこれから集会があるのだろう。
ボスは虎縞の大きなやつだと思った。挨拶してみる。虎縞は姿勢を正して座り直した。
真黒のはたいぎそうに首をもちあげてこちらを見、虎縞とこちらのやりとりを観察していた。眠たそうだ。病気なのかもしれない。
少し呼んで見る。
意外なことに真黒の猫がとっとと駆け寄ってきて、しゃがんでいた私の膝にためらいもなく乗ってきた。私は黒のコートに黒のストールをまいていたので、同色のなかまと思ったのかもしれない。間近で見ると、ビロウドのようなつやのある毛をしていて、眼は琥珀色。体重はとても軽く、左の耳が鋭利な刃物で切りとられたように欠けている。かれは膝の上で鼻を鳴らして眠り始めた。
陽が落ちるにしたがって、広場に猫があつまってくる。茶虎、小柄の黒いの、白黒まだらの猫。五匹以上はいたと思う。五匹とも鼻の挨拶を交し合うと、全員でこちらを注視した。私の膝の上に黒猫がのっかったままなので、来るのを待っているようなのだ。鋭い視線の集中に私は居心地が悪くなり、行かないの?と持ち上げてみたが黒猫は動こうとしなかった。
黒い仔猫が真っ先に好奇心を起こしてこちらにやってきた。多分私の膝の上にいたのの弟じゃないかと思われる。鼻の上が削がれたようになっている。喧嘩の傷あとだろうか?
小ちゃいのはおもしろそうと思ったのか、先客のいる膝の上に乗りたそうにして、前足をかけてきたが乗れるスペースはないので周りをうろうろ回り始めた。そのうちストールの端のふさにじゃれついてころがり始め、しまいに先客に爪の出た手を出して喧嘩を売りそうにしたので、寝てた黒猫はうるさそうに向きを変えた。
虎縞のボスは仔猫が遊んでいるので気勢をそがれた、という風情でこちらに様子を見にきて、危険はないと判断したのか去っていき、それを見た猫たちも散会した。向かいの居酒屋の前に置いた皿のほうへ、皆走っていく。私の脚も痺れてきた頃、膝の上の子もするっと降りて、お皿へ向った。
私も立ち上がって買い物を続けることにした。
黒猫の気まぐれだったのだが、さみしい気持ちだったので助かった。
そ知らぬ顔でひとの気持ちを察しているようなところが猫にはある。どこまでわかってるかわからないけど。
はまちもよく、私が悲しいとまず顔をみて、ぴったり横にくっついて座った。

猫スポットはまだ二箇所くらいしか知らない。
マンションは大通りに面していて車が多いせいか猫はほとんどみかけない。
猫の集会を見たのは一年ぶりくらい。
また見られるかな。
海の底にいる
02/18 (Sun) 19:24|日常
SIONのうたの歌詞に、『水の中にいるようだ』というのがある。
『水の中にいるようだ、誰かにさわりたい』

それとは少し違うけど、いま水の中にいるみたい。
今日、朝起きたら、もうここにいた。
くぐもった水の中をそっとかきわけるようにあるいている。
あたまの上で、波をたてないように注意している。
ふしぎに暗くない。あかるい。
白い光が全てにあたっている。何もかも今までとちがうふうに見える。
街も車も人もアスファルトの道にもその光が滲んでいる。
さわれない。フィルムの向うの世界みたい。
音は聴こえるけれどないのと同じ。声は聴こえるけれど何も伝えない。
とてもしずかに切り離された。
すごくすごくしずかです。

ここはどこなのか知っている。
前にも来たことがある。
なまえも知っている。

海の底にいる。
休日
02/10 (Sat) 09:30|日常
最近滞りがちな献立記録:
一昨日の夕ご飯;
ハンバーグ・粉ふき芋と茹で人参添え
ほうれん草のおひたし

昨日の夕ご飯;
鶏がらスープにうどんを入れて牛肉の辛味噌炒めと茹でたほうれん草をのっけたもの

今日のお昼ご飯;
春雨・人参・白菜入り鶏がらの辛いスープ
牛肉とキャベツのあっさりパスタ。

しょうが湯をいっしょうけんめい飲んでいる。
カップにしょうがのすりおろしとはちみつ、片栗粉を入れて少しの水で溶いておいて、熱湯を注いだもの。この間、風邪ひきなので出勤前に飲んだら体が少しらくだった。料理にも毎回使うので、しょうがはきらせない。

家に帰ると書く暇ないので、暇なバイトの間にぼちぼちとノートに書き溜めている。
書き始めた時は手書きでノートに書くのが当然だったのに、今はパソコンで打ったほうが速い、面倒がない、と思ってしまう。そう思う自分がなんか変に思えた。

今日は休日。
ぶたちゃん
02/07 (Wed) 07:40|日常
そういえばこないだの誕生日にこぶたの貯金箱をもらいました。
前の職場のバイトくんがくれた。
これ、どこから探してきたんやろ・・・。
こぶた。
陶器製でまるっこくてすべすべしていて、桃色のつやつやした背中と夢見るような瞳が愛くるしい。
いまテーブルの上に置いているのだが、ものすごい存在感を発揮している。
ぶたちゃん・・・
なんかこれ、周りをむりやり幸せにしそうなオーラをはなっているんやけど気のせいかなあ。まぶしいです。

昨日の献立:
トマトと卵の炒め物
冷奴
鶏と冬瓜のスープ
青菜のおひたし

ねむい・・・
貰った
02/07 (Wed) 06:56|未分類
20070207065657
ぶたちゃん
高熱リンゴ
02/06 (Tue) 17:34|未分類
私がひいているのは高熱の出る風邪らしい。私にうつした人も私にうつされた人も倒れている。私もなかなか熱が下がりきらない。薬が効きやすい体質だからまだましだけど…。
風邪なのでここ数日、柔らかい献立。 そしてリンゴを毎日食べている。

献立例
一;鷄とたまごのおじや
二;おめん(テレビで見てまねした。温かいうどんをつけ汁でいただくもの。つけ汁に野菜とごま・ショウガ・わさびを入れる)
三;お粥と三ツ葉のスープ

今日はお粥。毎日リンゴとかお粥ばかり食べているので痩せてきた。

お店番をしているとお客さんが来て、モナリザの画の中にある橋はまだ現存しているんだ、という話をして帰っていった。以前自販機の前で人から話しかけられて、無限にループして元のところへ戻ってゆく話を雨の中で聞いていたら怒られたことを思いだした。「知らない人と口をきいたらいけない」

今日はよく晴れている。

せかいのしゅうまつ
02/03 (Sat) 20:42|夢記録
ここのところ安眠できない。
きれぎれに目が醒める。原因は夢のせい。
夢の「無秩序というルール」には慣れてるけど、なんかその無秩序とは違う無茶苦茶さが夢にあって、安心して夢を見ていられずに起きてしまうのだ。
言うなれば、なんか、こう、小麦粉をお湯で練ってるとき、つなぎのお湯が足りなくてぼろぼろの粒になっちゃって、まとまってこない感じ。
まとまりはない、それなのに、量はたくさんあるので、なんか頭で処理しきれないのだ。見たくない。悪夢ではないのに、夢見てると苦しい。
で、眠りが浅いので起きてしまう。夢がへんなのは、風邪の熱のせいなのかな。

昨夜もなんか苦しかったけどとりあえず筋はあった。
世界の終末の夢。世界各地で洪水、地震が起こり始めており、人間たちはそれまでの務めや学業を放棄して暴動を起こしたり逃げたりしている。

人間と同じ姿をした神々の一団もいて、彼等は自分たちに救いを求める人間たちをあざけったり、残虐に殺したりした。自分の願い事しか頭になく、それが叶えられないと神を見下げる人間達を、彼等は憎んでいた。
彼等は美しくて超越した力を持っていたが、偉大な存在とは思えなかった。
彼等もおそらく地球崩壊のときには、彼等の憎む人間たちと同時に消え去るのではないかと私は思った。人間と神々は闘っていた。どうせみんな死ぬのに、無意味に思えた。

私はどうせ世界が終わるならどこに逃げても同じだとおもったので、学校の図書館の窓辺でいつもの書き物をしていた。
そして、そこへやってきた津波に呑みこまれた。

人間を憎む神々のほかに、目立った行動を起こさない神々の一団もいた。彼等は冷静で傍観的だ。人間を憎んでこそいないが、全ての人間に寛容なわけでもない。
そのうちの一人の神が、津波に呑み込まれてからだを失い、意識だけになっていた私をひろってくれた。
その神は透視能力のある自分の眼を私に貸してくれ、私に自分のからだを捜すようにと言った。
私は貸して貰った眼で土や建物に埋まった地面を透視して、自分のからだを捜しているところで、途中で目が醒めた。
私は捜しながら、「見つかったところで、土の下でからだは死んでるかもなあ」と思っていた。しかしその神が捜しなさいと言うのには、何か意味があるのだろう。

そんな夢。世界の終末夢は、シリーズになるみたいなので、また見そうです。
今日のおやつ
02/01 (Thu) 17:12|未分類
20070201171334
「チョコレート効果」。カカオ86%ので、全然甘くない。あと、のどあめ代わりに、懐かしの黄金糖を一つたべた。透き徹った綺麗な金色をしてる。
風邪
02/01 (Thu) 06:55|夢記録
風邪ひいた。
昨晩夜中に急に冷たいコーラが飲みたくなって自販機まで買いに行ったりしたので、我ながらなんか変だとはおもっていたのだ。自分でコーラを買ったり飲んだりすることは滅多にないので。
でも代わりに入れるバイトさんはいないので出勤する。
うちはどうやら熱がでても意識にはあまり影響しない体質らしいし、幸いそう動く仕事でもないので。
熱があがるようなら午後から休む予定。
極楽のように暇なバイトなのになぜこんなに人手不足なの?
時給が安いからか。

世界が終わっちゃって、陸地がなくなってしまったので、氷塊の上に女の子と二人で乗って、冷たい海を漂っている夢を見た。
このまま陸地が見つからなければ、二人とも死んでしまう。でも切迫感はなかった。空はあくまで澄んで雲一つなく、水面にはうす蒼い氷片がぶつかりあいながらさざめいている。美しい光景だった。
海の中にうら寂しげな表情の女性があらわれ、一緒に氷に乗せてほしいと頼む。しかし、二人以上乗ると沈んでしまうので、のせてあげられなかった。

とりあえず風邪薬をのんでみた。
様子見です。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。