背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の休日
01/29 (Tue) 20:26|日常
なんだか今日は調子が変だな、という日。
朝からひたすらぼーっとしてました。
会話あんまりできず、へんだと何回も言われてしまう。
発作的に遠くに行きたくなる病がまた。
でも止められてあきらめ、おとなしくしていた。雨なので少し本を読んだり。
そんな日もたまにはいいかな。
でもなんだか籠の中に閉じ込められてるみたい。みんなそうなのかなあ。
黒くて暗紫色のきらきらの眼のついた猫まくらを大事にしてるのだけど
私が持って寝ようとすると旦那が猫まくらを取り上げてまくらをいじめるので困る。
頭はちぎらないでほしい。
最近猫を見てない。
関係ないけど、私は黒猫と気が合うことが多い気がする。
初対面で気をゆるしてくれる率がなんとなく高い。
私が黒着てることが多いからでしょうか。たまたまなんだろうけど。
ねこ見たい。

散漫な日記。
スポンサーサイト
目がさめた
01/29 (Tue) 08:04|日常
早朝六時。どうしても意識が冴えてしまって
眠いけどねてても半覚醒状態でしんどいので、起きてお風呂に入りました。
昨晩仕事のトラブル処理で遅くまでごたついたせいもあって
神経が立っているみたい。
仕事とプライベートを分けたい。

今日はお休み。
とりあえずお茶をいれました。

今日はひとりでふらっとどっか行きたい感じがする。
誰かと話したい。
ばらの育てかた、ガラス玉遊戯
01/24 (Thu) 11:20|夢記録
地震の夢をみた。
地震があって学校やら実家やらすべて焼けちゃって
長靴を履いて焼け跡をたどって歩いてた。
ここは教室だったところ、ここは窓辺の花瓶のあったところ。

駅前に行くと学校を失くした学生たちがたくさん集まっていて
人いきれと活気で賑わっている。
その中に知人がいて、私を見つけてつかまえると
学校の教科書を買いなさいと言う。
私はまた入学するらしい。
お金はあるかと問われて、あると言うと知人はほっとした模様。
ばらの教科書を買えと言う。
「君、ばらの授業をとっていただろう?」
かれは色とりどりのばらの花の布製模型や写真集などを指差す。
私は、そうだっけ、ばらの授業をとっていたっけと思った。

※ ※ ※

地震の夢をみたのだがどういう意味かと問われたことはあったが
自分は数回しかみたことなかった地震の夢。
この夢みると 先生を失くしたことが響いてるみたいと思う。
でも何かまた新しく始まりそうな感じはする。
ばらの花、の勉強が。

そういえば昨年ばらの苗を買いました。が
ばらの育てかたの勉強をせいってことですか?
いや勉強はするけど、なんか違、う。
ばらはなんだか大事なときにたまに出てくる花。
魔もあどけなさも内包して悪にも善にもそれら全ての混在にも成り
咲きひらく花。自己。
ある意味育てかたの勉強をしろというのは正しい。
きちんと育てなければ綺麗には咲かない。

そういえば高校の時国語の教師が授業中に私のことを指して
ボードレ-ルの『悪の華』を思わせる、と言ったことがある。
何のどこがかわからなかったけどボードレールは好きです。

ヘッセの『ガラス玉遊戯』を買った。
学生の時から読みたかったけど見つけられてなかったもの。
ネットの古本屋で見つかった。
冒頭を読みかけているところで第一印象はSFみたい。ひきこまれます。
続きがたのしみ。
いちごのロールケーキ
01/21 (Mon) 20:53|今日のスイーツ
苺のロールケーキ

今日のおやつ。

それにしても寒すぎる…。ストーブの前に座ると動けない。
仕事から帰り、ストーブの前に座ってもはや一時間経過。
動かなあかんねんけど、動きたくないよう。
日記もパソコンの前に座るのがいやで携帯で打つしまつ。

昨日、休みやったから、髪を切りに行きました。
長さあんまし変えず、形だけ整えてもらった。
帰りにモヘアのふわふわニットと黒のショーパンを購入。
髪切るとなんだかうれしい。

さすがに動き始めました。晩は、鍋です。寒いもん。
辛い味噌鍋にしてみました。
用意できたからお茶をいれてチョコレートをひとかけずつ齧ってます。

にじゅうにん
01/19 (Sat) 19:57|未分類
きのう、ウーララに、二十人のライブを見に行きました。

ウーララは初めて行ったのですが
座って見れるとこで落ち着ける感じ。

最初ステージ前で音楽といっしょに痙攣というか悶絶
しているひとがいたので
ライブハウスの最前列にはこういうひとがたまにいるな、
と思っていたら
お客さんとちがくて、それはボーカルの人で
じきステージにあがって操り人形のように無表情で踊りくるいながら
ゴミ収集車のおっさんの歌をうたっていました。
このうたはおっさんの哀愁と情けなさがあいまって切なくてよかった。

象のTシャツをきて沸騰したお湯のように踊りくるい歌う人と
常に醒めて低温なワンピースすがたの、ベースのおんなのこ
よく見えなかったけれど死角で暴れ闘ってる赤タイツの、
ギター、ドラム

二十人は初めて見に行きましたが、
非常に冷静にいかれている感じがとてもいいと思った。
あとで歌をうたってた人としゃべったとき
家の下をゴミ収集のおっさんが通るのです
と言っていらした。
予想どおり冷静な方でした。
早く帰らなくちゃいけなかったので席を立つと
みなさん外まで送ってくれたのだけれど、
ふと足元をみると
ひょろりとしょざいなげに立つボーカルの方、ふつうにはだしだった。
指から血、出てました。

おもろかったなあ

IさんKさんが目の前にすわってくれていたので、美少女二人を
めでつつ。
ついつい飲みたくなりましたが、翌日の仕事を考えお酒は控えめに。
たのしかったのでした。
ゆき
01/17 (Thu) 21:31|未分類
雪降ってる・・・

はらはら降ってる。
つもらないかな。
さむいから、ニット帽をかぶった。

髪を染めた。
落ち着いた色にしてみた。
そめてる途中で自分の髪が長いのに気づいた。
ちょっといつのまに伸びたんだか。
少しかたち整えに、髪切りに行こうと思います。



闘う
01/13 (Sun) 20:31|日常
仕事帰り、ブーツを買った。ニーハイの。
前に買ったブーツのヒールが壊れかけなので
修理に出す間、こっちを使おうと思います。
あと、こまごましたものを買う。
ミルクとかパンとか。
今日は物凄く寒い。

そして、病院探し。
薬、ほとんど飲まなくても支障なくなってきたのだけど。
もともと飲んでる薬も軽いものだ。
私と同じ症状を訴えるひとならもっときつい薬を飲んでいることが多い。
亡くなった先生もわたしが何だか結局のところよく解らない
と言っておられた。
あなたにはまっとうな生活をしていくだけの力があると。
新しい先生のとこに行く、
となると改めて考えてしまう。私はいったい何なのだろう。
よく解らないが、濃い遺伝的要因と闘ってきたような気がする。
しかし私自身はもともと本当にものすごくふつうなんではないかしら。
もともとの私なんてどんなのだかわかったものではないけども。
今の自分は十代の頃とあきらかにまったくちがっていて、
探し求めて恩恵を与えられ、何度も生まれ変わり、
獲得してきた自分だ。
これからも何度も組替えられ、変わり続けていくのだろうと思う。
そうしたら、健康な私というのもあり得るかもしれない。

まだ未来のことは解らないけど。
突発的に凶暴な顔を見せるコントロールしにくい部分を
組み伏せ、飼い馴らし、日常の中におさめていくことを
闘うと言うのだろうと思う。
「それ」を飼い馴らさず、組み伏せず、
純粋なまま表出することを生き方にするひともいて
そうすることしか出来ない不器用さはいとおしくいたましいけど
私はそれをしない。
そうなるのは、
「それ」が私以上に力が強くなってしまったとき
闘いきれなくなってしまったとき
今いる私が死に瀕するとき
だけだろうと思う。
それまではたたかう。

・・・何の話だったかな。
思いつくままに書いてるからまったくまとまらない。
まあいいや。

今日も晩ごはんをつくります。
コーヒーをもう一杯
01/04 (Fri) 21:04|思考
休日。
バーゲン行きました。
黒のミニワンピを買いました。
着るとごっつ細く見えるやつ。
猫スポットで二匹猫を見た。
前髪伸ばし中なので視界が狭い。
早くのびてほしい。

亡くなった先生のとこに電話かけてみたけどつながらなかった。
お正月だからなのか、もう閉めてしまってるのかわからない。
この間行った時は、急なことで別の先生を呼ぶかどうするか
何も決まっていないのだということだったけど
どうなったのか……。
別の先生にしても亡くなった先生と比較されることになるから
嫌だろうな、とは思う。
今度直接行ってみる。
先生が亡くなってしばらく、衝撃が強くて混乱もして
調子をくずしそうになったけれど、
それは先生が一番嫌がるだろうことだ、
私と先生が目指していたのはそういうことではない、
ということを思って、致命的な何かに陥るのをかいくぐった。
光の見える場所を目指して共に進んできた。
それを私の弱さで台無しにしてはいけないと思った。
暗闇にいるほうが一瞬は楽なときもあるけれど
日々ちょっとずつ進もうと思う。
進んでるのかさがってるのかぐるぐる廻ってるのか、不明だけど
気持ち的には。
どこに行き着くのかはわかりません。
先生もどこに行ったのかわかんないけど、空の上だか、地面の下だか。
永遠の充溢の中へ還って行ったのならば
私もまたいつか会えるでしょう。
無意識の水を汲み上げる途中で、先生のエッセンスを見出すこともできるでしょう。
また別の顔で、別の声で。
「コーヒーをもう一杯」
腕組みして厳しい顔で考え込みながら、もじゃもじゃ頭でせわしなく注文する
先生の姿はもう見られないけど。

うちもたかだかあと30年かそこらの命です。
生きてる間に、生きてる人と、悔いなきように生きたいとおもいます。
先生は引退やからそこで見ててください。ちゃんと頑張るんで。
……見てなさそうやけど。あえて。

さあ、ごはんつくるぞ。
新年
01/01 (Tue) 12:44|未分類
今日はやっとお休みなのでたまってた洗濯を出しに外に出たら、
空気まで新しく明るかったのです。
新年らしい静けさの中でポストを見たら、年賀状が入っていました。
あけましておめでとうございます。

前使ってた日記サービスが廃止になってここのブログ使い出してから
一年以上も経つんですね。
前の記録見返してみてびっくりした。

2007年は、なにかと移動してた気がします。
引越しも二回してるし、二週間以上ある長期の旅行にも行きました。
移動といっても、それくらいだけど
それでも持ち物を増やさぬよう身軽でいることを心がけていたし、
大きな家具も自力で運べないような荷物もほとんどない。
これからだっていつどこに行くか解らない。予測がつかないのが人生やし
荷物は少ないにこしたことない、と考えていて、それを連合に言うと
悲しまれました。
家を築いてそこにずっと根を据える、という考え方もあるんだなと思った。
女は気にしないけど、男の人は安心できる決まった場所があったほうが
いいのかもしらん。
’07年は移動してたけど、今年はどうなるでしょう。

なんか前使ってた日記から考えたら、えらい長い間この日記書いてるんですね。
3年・・・以上?数えてへん、ようわからん・・・学生の時から。
こんなんでもたまに読んでくれてる人がいてくれはるのがありがたいです。
今年もよろしくお願いいたします。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。