背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺せない夢
02/27 (Wed) 10:04|夢記録
夢見が悪かった。
妹は赤の服を、私は青の服を着ていて
私は妹を守ろうとするが守りきれない。
怒りのあまりナイフを持って父を殺そうとするが殺せず
傷をつけることはできても命を奪えない。
父が笑っているので、ちがう、あんたを殺せないのは
親だからじゃない、あんたなんか好きじゃない、
ただまだ生きている人間だからだ
と言いたいのだが言えず、殺せない自分と相手とに苛立つ。
起きてから私にはやっぱり人は殺せないと思った。
こんな夢を見たのは昨晩スタンリー・キューブリックの
フルメタルジャケットを見て寝たせいかと思う。

スポンサーサイト
雨だ
02/26 (Tue) 18:08|今日のごはん
なんだかだるいなあと思ったら雨だった。
このところ急に休日出勤しなければならないことが
重なっていて、その代休が重なって珍しく三連休がとれ
きょうは一日目の休日。

なんにもする気がないのだ。
本を読む。

昨日は読書会を行いました。
久しぶりに本について人と話せるー。
本の情報交換も目的のひとつです。
企画しといて何だけれどうちは仕切るのやリーダー役が苦手なので
内心どうなるかなあと心配でしたが、
自由に活発に喋ってくれる参加者のかたに助けられ
おもろい時間になりました。
後でTさんとミスドでぐるぐると会話。
うまく話せないんだけれど全体像がつかめないんだけれど
いろんなものが共存している・・・
かちりかちりと光るいくつかのつめたい石、のまわりにやわらかい何か。
全然うまくいえないなあ。まだぜんぜん見えないもんなあ。
なんかある、としか言えない。
大好きなドーナツがどうでもよくなっていました。
人と会うとちょっと緊張しておもしろい。本もおもしろいけれど
人間は読んでも読んでも先があって隙間や死角があって
見えるのは自分の眼の窓からちょっとで
完成もしてないからうごいていて読みきれない。
なにがあるんやろう何があるんやろうってもっと続きを見たくなるんやけど
読み終えることはないのだろうな。どの人のことも。
隣におってもわからへんし。
生きている物語。

昨日例の公園のよこを通って見てきたら
ホームレスのおっちゃんも無事やった。
すばらしい朝
02/21 (Thu) 18:46|日常
このあいだ書いたようにどっか行きたい、と思って本を読んだら
どっか遠いところに行った気になれた。
旅行よりおもしろい。
他の人間の眼から違う世界を見る不思議。

だいぶあたたかになったので、猫が早朝ごはんを食べてるところを
見ることができるようになった。
雪のあいだはどこぞに隠れていたのだろう。

今朝出勤のため自転車を飛ばしていたら
一人の快活そうな若い女の人が
軽い足どりで、あかるい顔で朝の道を歩いているのを見かけた。
急ぐふうでもない、散歩するような足どりの
彼女の顔はこういってるようだった。「なんてすばらしい朝」
それで私も、もしかしてこの世界はすばらしい朝を迎えているんじゃないか
と思って廻りを見渡した。
ぴりりと冷気に震える厳しい空や
凍てついたようなアスファルト、向うに見えるなだらかな山のシルエット。
不思議にすごくいいものに見えた。
「いつも通り」にしか感じていなかったそれらが。
彼女に見える世界はきっとこんなふうなのだ。
世界はこんなふうでもあり得るのだ。
そう思った。
同じものが人によって違って見えているのか
それともそもそも「同じもの」としての確かな世界など存在しておらず
人はそれぞれ違った世界を「持って」いるのか?
知らない。
それでも今日は彼女の眼をかりて
とてもいい気分で仕事を始めることができたのだった。
見知らぬ女の人さん、道を通りすがってくれてありがとう。

猫らとおっちゃん
02/19 (Tue) 11:03|思考
ちょっとやすもう。
今日は晴れた。
雪降ると自転車での通勤中、猫らがどうしてるか考える。
小学校のころ、冬の車のエンジンのしたで暖をとってる猫を見たことがある。
だけど早朝、深夜はあたたかい車のエンジンをみつけにくかろう。
仕事場近くの公園のベンチにはホームレスのおっちゃんがいつも座っている。
この間通りかかったら、雪の日もそこにいた。おっちゃんは大丈夫だっただろうか。
おっちゃんには毛皮もない。

京都では野良犬をみかけない。
かれらはどこにいるんだろう。

なぜだかじっと我慢して座っているとどこかに駆け出していきたくなる。
どこだかわからないけど。
どこか遠く。
02/18 (Mon) 21:44|日常
読書会、三人集まった。というわけで動き出す。
梅干読書会、という名称で。詳細はここで。
http://www.k5.dion.ne.jp/~hamati/
京都近郊の方、参加できそうならお声かけてください。
小規模に続けたいです。

店長にかりたレディオヘッドを聴く。
レディオヘッド嫌いだった人のことを思い出す。

明日休みとれた。
や、やっとやすめる・・・。
別世界歯医者さん
02/15 (Fri) 20:11|日常
「鉄線花」URLをちょこっと移動します。
http://www.k5.dion.ne.jp/~hamati/top.html
となります。
見てる方もそういないはず・・・
とはいえ、消えてはいません!いちおう!
存在することに意味がある・・・のかもしれません?
とりあえずお知らせまで。

ここのところじっと座ってる時間もないほどでしたが
今日はちょっと時間がある!うれしい!

今日は歯医者に行ってきました。
歯医者さんって心落ち着いてくださいという感じのオルゴール音楽が
かかっていて、受付の女の人も歯医者さんも声のトーンがやわらかくて
何だか別世界にいるみたいな感じがする。

歯医者さんはいつも寝椅子に横たわると背後から現われて
終了すると背中を向けていらっしゃるので
最後までお顔を拝見できなかったです。
歯をみてもらっているときはマスクをかけておられるし
そんなどころではないので顔も見上げる余裕もありません。
顔の解らない先生に歯を治してもらっているのって不思議な感じだ。
今日で最後だったので宿題をすませたみたいに心うれしく帰宅しましたが
あの時間の流れ方の違う感じの
別世界に行く機会がなくなるのはそれはそれで
なんとなく残念な感じもする。
歯医者さんを出ると一歩外に出ると時間がものすごい速さで動いているので
まるで夢から醒めたような気持ちになった。

時間にゆとりがあるのはいいけれど
おなかがなんだか気持ち悪いので、ごはんだけ作って
よこになって本を読んでました。
吉屋信子『黒薔薇』これはくろばらではなくてくろしょうび、と読むそうです。
あと立花隆とかところどころ。
さて、ごはんの時間です。
しまうまのしまじゃないところ
02/12 (Tue) 23:21|お出かけ
10日、『しまうまのしまじゃないところ』という展示イベントが
カフェアンデパンダンにて開催されました。
Tさんの作品が上映されるとゆうことなので
行ってきました。

『喪の仕事』『愛の部屋』『ノゾキ穴。』『子供の素』

かわいた知性を感じさせる作品群でした。
『喪の仕事』は階段を上ってたら足場をとっぱらわれたみたいな
救いのないブラックなオチが待ってた。
同時に風とおしのいいとこにつきぬけたみたいな
気持ちのよさがあって笑ってしまった。

『子どもの素』は一つの心理世界みたいだなあと思った。
複数のキャラクターとドラマがあって
結果的にいっこの心理(のようなもの?)を表現しているところは、
夢とそっくりに感じられました。

『愛の部屋』がいちばん私は怖くて、『ノゾキ穴。』はなんだかかわいらしかった。

あと、みかんをつるつるにするワークショップとか
ズボンのジッパーでロックする人々とか
おもちゃのかわいい楽器シッポナールを演奏する老人部のかたがたとか
煙を充満させたビニールハウスの中でストロボを焚いて脳内のなにかを
見る実験とかがありました。
皆でみかんをむきました。みかんはつるつるになりました。
煙ビニールハウスは脳内の何かが見えるかと思ってじっと待ってたけれど
なんも見えんかった。隣にいるひとが映画の中のスローモーション
みたいに見えるのは楽しい。
ジョン・C・リリーの実験みたいだと思った。

ほどよく酔ってきたところではぐきちゃんの冊子を買って帰りました。
オムライスをつくって食した後読んで笑った。
初期はぐきちゃん凶暴でかわいいです。

で今日はそのTさんとバレンタインお茶会をしたのでした。
Tさんのおへやに行くとすんごいいいにおいが!!
チョコレートと林檎のタルトを焼いてくれてたのです。
すっごいおいしかった。すっごく。チョコレートソース絶品。
料理とか・・・上手なんだな~
梅昆布茶など飲みながら読書遍歴などぼちぼち語る。
梅干歴も語った気がする。
いろいろ計画しました。ふふふ。
帰りは雪がふりだしました。
あしたはつもるかな。
BE HERE NOW
02/10 (Sun) 10:47|思考
なんにもする気がおこりません。

休日なのです。

ベランダに雪がつもってます。
外は明るい。
昨日の雪でぬれた手袋をストーブの前に並べてかわかす。
静かだなあ。

雪だるまつくろうかなあ。

黒い自転車を買いに行く夢をみてた。
お店の人に言う。
「今よりしっかり荷物が置けて、私の体より大きくはなくて、シンプルな形で、
色は黒で、悪路も走れる強靭なのをください。」
お店のおばさんは困った様子でうろうろした。
「ええとねえ・・・」

 ※ ※ ※


BE HERE NOW

そんな言葉が頭をよぎる休日。
うまくできないよ。
炒飯をつくったら失敗しました。
宙返りしてさかさまになって元に戻ってみたい。
そしてまた宙返り。
その繰り返し。

 ※ ※ ※

亡くなった先生の言葉を記録。

いくつか夢を話した後で
先生は私に向き直ると、ちょっと鋭い目で
「たくさん夢を見るか?その夢に圧倒されてしまいそうになることがあるか?」
と尋ねられた。
私は毎日たくさん夢を見るし、それが現実よりリアルに感じられることがあるので
うなずくと、先生は話す夢を一つに限定して選ぶようにと言った。
「自分が焦点を当てるものを一つ選ぶこと。現実でもそうでしょう、あの・・・」
そして先生はもっと何か言いたそうに手をぐるぐるさせた。
私は言葉の意図するところがわかった気がしてうなずいた。

目が開いていても見るもの全てを把握はしていない。
耳が聞こえていても聴こえるもの全てを拾ってはいない。
それらの中から必要と思われるものだけを瞬時に選択的に拾い出しているはず。
もし全ての情報を拾ってしまうなら
本人の日常生活にとって大変不都合なことになる、
と思われる。
夢に関しても同じである、そういうことかなと思った。

先生はこの点をことのほか真剣に繰り返し言われた。
多く夢を見るタイプの人と、夢の少ないタイプの人があるそうなんだけれど
関係あるのかどうかはわかりません。
夢を話すと、どういう理由その夢を選んだか?と尋ねられ、
一連の夢はテーマが同じだと話すと「よく選べましたね」
とうなずかれた。
圧倒されずに自己とつきあっていくための
重要なヒントかもしれないと思っている。

 ※ ※ ※

チョコレートをかじる。
今日は
休日です。
ゆき
02/09 (Sat) 10:34|日常
雪降ってる。
向かいの家の屋根にも、うっすら積もってる。
雪は降る音がしない。

昨日母から届いた八朔の皮をむく。
なつかしいにおいがする。
亡くなったおばあちゃんが父に送ってくるのを、子どものころよくむいてた。

寒くなるなあ。

玄米茶でもいれよう。

目標
02/06 (Wed) 22:48|未分類
チーフを呼んで旦那ちゃんのつくった山のような水餃子とお造り、
水菜と油揚げと大根おろしのサラダ、ビールと焼酎で飲んだ。
ほかの料理も私は二品ほど作っていたのだが、こんな日に限ってぜんぶ失敗。
水餃子とお造りだけがメインになってしまった。
チーフすいません・・・

最近、じつは、ちょっとずつ小説を書いている。
こないだ大阪から小説書いてる友人を呼んで
カフェで六時間喋りとおしたりしながら励ましあった。
なんとか書きとおそうと思っているもので
今年の目標は実はこれの完成である。
出来上がっても自己満足にすぎないんだけれど
とにかくなんか書きたいんです。
書き出すとあっとゆうまに3時間とか経ってしまうので
何とか上手に時間をつくりたいなあと思っている。

それとは別に読書会をつくりたいなあと思っているところ、
参加者を募りたいけど誰か参加したいひといるでしょうか。
だいたい考えてるのは
なんか読んで三分ないし五分で概要と感想をのべるというもので
内容の把握をしっかりやりつつ読書量をふやすことが目的です。
時間あまりなくても、強制的にそういう場があれば読むだろうと。
またいい本に出会う機会も増えるだろうと。
そう思って考えたんですが、参加者がいないと開催もできへんしなあ・・・
最低一人か二人集まればやろうと思ってるのですけど・・・
近畿圏で。大阪とか京都とかで。
でも人集まるかなあ・・・
ネットでやるのも考えてるけど

そのようなことが最近考えていることです。
今年はなんか動きたいのです。小規模に。
目標だけを書いてみる、とりあえず。

人魚姫
02/05 (Tue) 20:20|
OZちゃんからの贈りもの

OZちゃんからお届けものが・・・!
わくわくして開けるとでてきたのは、写真のような品々。
こんな綺麗でかわいいものがいっぱいころがり出てきたら
目までハートになってしまっても無理はないでしょ!
白い封筒から紙のばらと蝶々をあしらって、きらきらのガラスのビーズをちりばめたカードが
現われたとたん、乙女モードぜんかい。なんてかわいいの。ときめいてしまいました。

胸がときめくってこういう気持ちだったよ。
乙女心をひさしぶりに思い出す私です。
いうなれば胸がきゅんと痛くなるかんじです。

リボンのかかったハートの箱、には色とりどりのチョコレート(私のだいすきな)、
エナメルのような光沢のかわいいハートの黒いポーチには
チョコレートのかかったごく軽いウエハースがつめてあったのです。
そしてどきどきしながら紙の包み紙をあけると、一冊の美しい青い絵本・・・

『人魚姫』

旦那ちゃんが出勤するまでとっておいて、一人になってから読みました。
小さなころもこのお話は一人でひっそりと読んでいました。
このお話、随分久しぶりに読むので、やっぱり少しどきどきしながら
扉をひらきました。

泣きました。
泣きましたよ。
自分も吃驚しますよ。知ってるお話なんですよ。
最近はみてなかったとはいえ何度も読んでるんです。
最初は描写の美しさにためいきをつくくらいは冷静やったんですけど
最後までそれはむりでした。
むりだったよOZちゃん!またなかしてくれたわね。

冷静に書くと。
やっぱり小さなころとは全然違う読み方をしました。
描写の美しさもさながら、夢分析をしているということもあって
分析的に見てどうか読み解きたいという欲もあり、
新訳ということでどう訳されているのか興味もあったし、
しかし途中から人魚姫に感情移入してしまって
そういう読み方が完全にできなくなりました。
分析がとか訳がとかをのけても、大人になった目線で読むと
この物語はぜんぜん違って見えてきます。
OZちゃん、カードで『ずばり、今回のテーマは、愛です!』といってくれたのですが
愛のいちばん美しい部分は、おおかた相手に見えない部分でなされているものだなあ
と思いました。
相手をひきつけるかわいらしい身振りや行為は隠された痛みの上に咲く花のようなもの。
花だけを見られたのでは愛でられるだけ、でも見えないからこそ。
一見悲しい話に思えるけど、悲しいとは思わなかった。
これだけ己の全部を賭けて心底好きになれたら、何を失っても
海のあわになってしまっても
何の悔いもないわ、とおもうのですがどうでしょう。王子はあほですが
時として女の子はあほな男の子を愛してしまうものなのです。
人魚姫はとてもきれいでした。

本を閉じてためいきをついて、チョコレートをたべました。
甘かった。

ああ、いい休日だなあ。
誕生日
02/05 (Tue) 10:18|未分類
バースデイケーキ


昨日は誕生日でした。
うち自分で忘れてて仕事を入れてしまってました。
家に帰ったらワインとケーキが用意されていたので
簡単にハッシュドビーフとガーリックトーストを作って一緒にたべました。
ケーキは全体に苺のソースがかかっていて、中にレアチーズのムースが入っているやつ。
かわいすぎてなかなかたべれなかった。

今日は休日。

02/03 (Sun) 09:24|夢記録
昨晩いろいろの毒についての長い日記を書いてたら全部消えたのでした。
今日は雪。霙っぽい。
外はうすぼんやりと明るい。

夢。

人が逃げ出したあとの世界で、人の気配のない街を歩いていて
鎖でつながれた犬と猫に食べ物をやり、猫の鎖を斬る夢を見ていた。
それから街には津波がきた。透明な大きな波。
怖かったけど波のほうに向き直って隣にいる人の手をとった。
一気に凄い高さまで持ち上げられて、都市のビルや上空を飛ぶヘリが見えた。
おなかの底がへんになるような恐怖をじっと耐えていたら
気がついたら山の中に降ろされていた。
無事だった、と思った。

もう出勤しなくちゃ。
ラーメンプリン
02/02 (Sat) 19:39|お出かけ
ラーメンプリン

ネットのニュースでみつけて画像をひろってきた。
ラーメンそっくりで、麺状のプリンらしい。
なんだか、食べたくない。

今日は前の職場の課長とだんなちゃんとで飲みに行きました。
ホテルで中華食べてなぜかだんなちゃんの要望でボウリング行ったが
うちは殆どガーター、課長圧勝。
バーで飲んで帰ってきたら日付が変わるところでした。
次期社長直々の命令で前の職場のすごいお局様が
くびになった話など聞いた。
彼女の壮絶ないびりで
同僚が精神病んだの見てるから同情はできないです。と思いました。
いびられてたのは私も同じだが
病んで故郷に帰る同僚を見送る暗澹たる気持は
お局様のつまんないいびりよりきつかった。
そういや次期社長、同大学の同期生で同学部です。職場にいた時そう言ってらした。
共通点あっても接点無い。でもナイス英断。だんなちゃんも喜んでいた。

前の職場での課長はいつもトラブルのたび頭をかいて
どしどし歩き回っていた。
そのブルドッグみたいにむじゃきな姿を見かけると
なんだかほっとしたものだ。
変わらないですねと言ったら
課長が笑って答えた。

「しょうがないんだ、男ってのは中二の夏休みで止まってるんだよ」

中二の夏休みか、と思った。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。