背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/27 (Fri) 22:37|出産
ここ一週間ほどつわりでしんでいました。
子ができたです!
お産難民になるのは怖いので早めに病院で検診をうけました。
でも、まだいまひとつ実感がない。

24時間吐き気がしてるので体重がけっこう減りました。ぴったりだったジーンズがゆるい・・・
5kg以上減ると危険らしいのでなんでもいいから食べるよう言われました。
でも、食べれるものが少ないです。
基本的に「人の手とか思い入れが入ってそうなもの」があんまり食べれないです。
いかにも体に悪そうなものがいいのです。
二日酔いの時と同じで、普段絶対食べないインスタント焼きソバやぽてちや
フライドポテトがたべたいです。
というか消去法でそれなら食べられる。
それも重たくて食べれない時はフルーツ。ゼリー。
大好きなミネストローネならスープだし食べれるかもと思って煮込んでみたけど
自分で手をかけたものはなおさら受け付けないみたいでむりでした。
自分で作った料理が基本的にすべて気持ち悪いです。
お酒や煙草はまったくうけつけません。悪意はなくとも大きな声がとても怖いです。
最初は風邪かと思いました。
この劇的な体の変化は、おもしろいです。
とにかく頭痛やら発熱やら主に吐き気で、
しばらくおもしろがりながらしんでいることと思われます。
しかし、たくさんの女の人が同じこと(つわり)で苦しんだことがあるので
ネットとかにいろいろ情報があって助かります。

しかし何をどうしたらいいのかいまいちよくわからず。
産後何か月経てば仕事できるかなど、そのへんのことを
母に聞いてみたのですが、はかばかしい答えが返ってこず
「とにかく大変」ということしかわからなかった・・・。
(というか産むなと言われた)もう昔のことは忘れてるのでしょうね。
まあ、友人に助産師もいるし、子供産んだ友達もいるので、
今度会うとき詳しく聞いてみることにします。
まだ母以外誰にもいってないので、誰にどうご報告したものかーと考えてます。
とりあえず。おなかがでっかくなってからで。

『トマシーナ』(ポール・ギャリコ)読了。

スポンサーサイト
読書会
02/19 (Thu) 19:52|お出かけ
昨日は読書会でした。
『エマ』について語りましたです。
キャラクターについては主観的にいろいろ思うことあれどそれはおいといて
「なんかすごい」。です。
状況が登場人物にはまったく読めてなく誤解したまま突き進んでゆくのだが
読者にははっきりと何がどうなってるかわかるので
やきもきしたりツッコミ入れたりできるっていう
この構図、何をどうしたら真似できるのだろうか。
それにこの小説、恋愛とか結婚の話のよくでてくる小説なのだけど、
まったく感傷的なところがないです・・・
なんというか、冷徹な印象すらうけます・・・

読書会のあと、おもいがけなく誕生日プレゼントをいただいてものすっごくびっくりしました!
サプライズとはこのことや!
自分の誕生日のことなんかわすれてた!
そしてYさんが手製のガトーショコラを焼いてくれていて
またもや度肝ぬかれました!すごいーーーーー!!
わーいわーいわーいわーい。
読書会の日悪いことに不明な熱が出てたので元気ない顔だったかと思いますが
元気もらいました。みなさんありがとうございました!!!

昨日ブックオフでいろいろ買いこんで帰ってきました。
今日は『ジェニーの肖像』(ロバート・ネイサン)を読みました。
むかしは何気なく読んでいたのですが。

絶望した画家が会ったひとりぼっちの幼い少女、ジェニー。
偶然覚え描きに描いたジェニーの肖像は、貧しい画家を少しずつ成功させてゆく。
どこに住んでいるのかもわからないジェニーはいつも突然
画家の部屋に現れ、無邪気なモデルとなる。
そのジェニー、はじめは画家のひじくらいまでの背丈だったはずが
ほぼ二週間ごとに、異様なまでに速い成長を遂げている・・・
彼女はどこから来たのか?どこの住人なのか?
画家はもはや尋ねない。ただジェニーを描き続ける。

ジェニーという不思議な過去から来た少女は
ひとの心の中にある永遠の女性像なのかなと思いました。
たぶんジェニーという名の少女は画家の部屋にだけでなく
いろいろな男性のなかにも時折訪ねてきてドアをノックしている気がします。
違う姿で、違う名前で。
聡明な女王のように、とるにたらない子どものように、うちひしがれた無垢の少女のように
おおきな母たちのように、
それが「彼女」なのだと、我々が気づかないうちに。

ちなみにTさんに借りた一条ゆかりの『砂の城』は一晩で読んでしまいました。
もっとゆっくり読めば楽しみがとっておけるのに・・・。と思いつつとめられなかったー。
『エマ』ジェイン・オースティン
02/15 (Sun) 22:26|
ジェイン・オースティンの『エマ』読んでいる途中。
つるつる楽に読み進むんだけれども、主人公エマに疑念が募るばかりです。
本を読んでいて主人公にこんなに疑念を抱くことは私にはほとんどないことです。
たいていどこか一部共感できるのです。しかしこれはできない!!!!
台詞に矛盾が多すぎて合理的には理解できず、これはギャグなのか、
それともものすごくあからさまな風刺なのか?とさえ思えてくる。
でもたぶん素のエマの描写・・・

合理的には理解できないが
こういう人がいることは理解できる。似た人を一度だけ見たことがあるので。
ふつうにみれば一点非の打ちどころもない社交的で好奇心旺盛で
善意あふれる「善き」人です。
しかしエマがもし身近にいたらうちは全速力で逃げます。
それができなければ存在感を消し発言を控えて極力興味を持たれないようにします。
でもエマのような人は庇護(そして支配)できる愛らしい援助対象を探しておられるので
うちみたいなのはたいがい安全ですが。
(いうこともきかないし、第一愛らしくないため。)
まだ半分読んだところですが、悲劇になると予想します。
それかエマが起死回生の精神的成長を遂げて大団円となるかどちらかじゃないかしら。

前半をみてると、いろんな意味で深刻にツッコミたいところがたくさんある小説です。
後半はどうなるのかなー。
自作梅酒
02/10 (Tue) 22:22|今日のごはん
20090210222207


2008年の5月あたりに漬けた梅酒がそろそろ良い頃なので
出してきてのんでみました。
まあるい味になっていておいしい。
同時期に漬けた梅干しも出来上がっています。
フルーティで我ながら会心の出来。と自画自賛。
誰も褒めてくれないなら、自分で自分を褒めろ。自虐的になっても
誰も救ってはくれんぞ。
みたいなことを昔父が口癖のように言っていました。
自分自身に言い聞かせていたんだろな、と思います。
うちも梅干しに関しては自画自賛することにします。
ほぼ毎日食べてるのでもう残り少ないです。

私の梅干し歴は、祖母の漬けた梅干しに始まります。
祖母からおっきなガラス壜が三個くらい届くんですが
それを一年中食べていました。
赤しばが入っている赤いのと赤しばの入ってない青い色のがあり
当然ながら塩で漬けてあるだけでほかになにも入っていません。
小さい頃からそれに慣れていたので
市販の梅干しを食べたとき「変な味がする。これは梅干しではない」とまでおもいました。
市販の梅干しはあまり好きになれませんでした。
酸っぱさがなくて塩と梅以外の味がするのがどうしても解せません。
かつお味とかはちみつ味とか色々試してみたのですが、だめでした。
うちの梅干しの原点はシンプルきわまりないおばあちゃんの梅干しです。
幼児期の食の刷り込みって根深いものがあります。
でも、たぶんうちが漬けた梅干しをほかの人が食べたら、
もんのすごく酸っぱくてしょっぱいと思われるかと思います。
でもいいのだ、うちはこの味が好きなのだ。

今年は一年食べ続けられる量を漬けようと思います。
誕生日ににくをもらう女
02/05 (Thu) 19:53|今日のごはん
昨日誕生日でした。
前の職場のおっちゃんが1キロばかり鴨肉を
新聞に包んでプレゼントしてくれました。
・・・・・・・。

誕生日ににくをもらう女。
誕生日ににくを贈るおっちゃん。
・・・・・・・。

でも嬉しかったので晩に鴨鍋にして食べました。
味噌鍋で。
残ったのは鴨南蛮にしたりすればいいかなあ。
鴨ってあんまりスーパーで売ってるのみかけないですが
どうしてなんだろうなあ。

鴨のおにくにも鍋でほっこりしましたが
OZちゃんからすごーいうれしいプレゼントが届いて
さらにほかほかしました。
お手紙てなんでこんなにうれしいんやろー。
あんまりお手紙をいただくほうでないので
床をころがりたいくらいだ。
アイザック・アシモフの『鋼鉄都市』をもらったです。
読もー。読もー。
宝石のかたちのチョコレートももらったです。
もうすでに食べた。

ケーキもたべました。
もうこの年になると年とるのはあんまりうれしくないのですが
誕生日やと旧友やら妹やらからメールやらがきたりするのが
なんとなくうれしいです。
寒すぎる
02/03 (Tue) 20:41|日常
今日はものすごく寒い。
こないだから吐き気、発熱などがあってそれを風邪やと思い込んでいましたが
どうやら風邪じゃなくてPMSのようです。
熱が下がっては上がりしてそのたびごはん食べれなくなるのですが
あまりにも咳やら鼻水やらの風邪らしい症状がなんにもないので
さすがに「なんか違う気がする」とネットで調べてみたのでした。
したらおんなじ悩みの人いっぱいおった。
PMSで高熱がでることもあるんだなあ。体って謎。
毎月これやといやだな。来月はましだといいな。

今日は節分なので豆まきますよー
スーパーで恵方巻を探したら納豆巻しかのこってなかったですよー
人気ないんだな納豆巻は。おいしいのに。

それにしても寒すぎる。
体温下がるとマイナス思考になるんです、なんとなく。頭痛とかしてくるし。
体温高い人は同じ温度の空間におっても「全然寒くない」らしくて
いつもほかほかしていてしあわせそうな気がする。うらやましい。

さむいよー
お風呂入ります。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。