背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
御蕎麦
04/26 (Sun) 14:00|お出かけ
※昨日は仕事帰りに珍しく外食。
和食がいいなということでおそばにしました。
三条大橋の信号の西南側、地下一階にあるおそば屋さん。
かっぱ寿司の隣で、ちからもちという名前のお店だったと思います。
たまたま通りかかったので入ってみました。
天ざるそば、天丼セットを頼みました。
天ざるそばはお重ででてきます。上段に天ぷら、下の段にお蕎麦。
天丼セットは天丼にお蕎麦と香の物がついてきます。
ごはんもお蕎麦もきちんとおいしかったです。
香の物とかはすごくいいものではないけれど
お値段リーズナブルで、ランチにちょうどいい感じがします。
お店の人の感じもよくてなんかおちつく。新聞が置いてありました。

※それからみなみ会館へ。Tさんの四コマ展をみにゆきました。
ほんまはオールナイトで映画観たかったんやけどなあ・・・・・・・。
Tさんの講演も聴きたかったのです。
でも四コマで「おお!」となったのでそれだけでよしとしよう。
頭がぐるぐるしてすごい刺激を受けました。
帰ってからあんま寝付けなかったです。こんなことならオールで映画を観ていれば。
悔し。

※ジャック・ケッチャムの『隣の家の少女』読了しました。
後味悪いときいていたのですが、途中で読み止めなくってよかったと思いました。
読んでる途中はものすごいイライラするんですが、ラストでややスッキリするのです。
この本は読むんやったら最後まで読む、
読まないんやったら最初から1頁も読まないのが正解やと思いました。
この世の闇に対する態度と一緒で。
でも、気色悪さやエログロを堪能したいだけの場合は、
途中でやめてもいいのかも。
特にエロ部分、男の子だったらこれ読んでて楽しい部分が多いやろなと思いました。
そういう意味で見せ場なのだろう箇所がたくさん用意してあります。
ただ女が読んでも残念ながら何にもそそられないのであります。
残念です。
あとは個人的に、主人公が死ななかったのが何より残念です。。。
死なないだろうなとは思ってたけど。

スポンサーサイト
電車
04/24 (Fri) 20:59|日常
私の通勤はたいてい早い。だから通勤ラッシュの電車にかぶることはまずない。
でも今日は会議で本社まで遠出しなければならなかったので、
もろラッシュ時の満員電車にぶつかりました。
学生のときは乗り馴れていたはずの満員電車。・・・つかれた。

あの電車という狭い箱の中に大勢の人間という動物がたくさんつまっていて
動くことも、何かほかのものを見ることもままならない状態というのは
特殊なような気がします。必死でもの考えてしまうわ、と思いました。
いつもみたく気楽に晩ごはんのことなんか考えてられないです。

昔は、自分の考えすぎる癖というのは思春期のせいやと思っていましたが
満員電車に乗ってたせいちゃうんかなと
ちょっと思いました。どうなんでしょう。
体動かせない状況やと、頭が苦しがって逃げようとするというか。
一種の逃避というか。なんかそんなかんじが。します。
でも、あんまり、楽になんないですけど。

電車の中では読書会の課題小説を書くため
もし自分の中の悪意を育てたらどんな形をとるか、
ということを考えていました。
自宅では考えにくく、電車の中では考えやすいテーマだなあと思った。
たまに満員電車に乗るのもいいかもしんない。

宇宙旅行
04/23 (Thu) 20:06|夢記録
※夢記録※

宇宙に旅行に行く夢を見た。
5・6人のチームでロケットにのってゆくのだが
私は宇宙に出るのは初めて。
地球を出た後、方向感覚を喪失してしまうこと。これにまず戸惑った。
自分がどこに向かって進んでいて、目的地がどこにあるのか
全く解らないのだ。
加えて、何千何億という星が目の前に迫って見える。
その星々が自分からいったいどのくらいの距離にあるのか、
その遠近も全く解らないので、パニックを起こしそうになっている。
しかもその数多の星は実際に存在するのかしないのかも不明だ。
それはパニック中に一時期に見える幻視かもしんないのだ。
ベテランのスタッフは私が陥る苦境を既に予測しており
役に立たない私が床に転がるままにしておいて前方を見つめ
「星が見えるだろう?そいつにかまうなよ!」
と厳しい檄を飛ばした。

※献立記録※
ペンネのクリームソース
さつまいもとたまごのサラダ
鴨を葱を煮たの
さつまいもご飯

主食が二品ある気もしますが、気にしてはいけない。

水餃子パーティ
04/22 (Wed) 23:53|今日のごはん
※今日は山ほど水餃子を作ってもらいました。
丁度チーフが家に寄ってくれたので一緒にごはんに。
そして当然酒盛りに。
私はつわりでお酒が入らないので麦茶に氷で。
あんな好きだったお酒が、今は全然喉を通らないのが
つわりの不思議というものです。
お酒に限らず珈琲、紅茶、緑茶、ほうじ茶、黒豆茶(いろいろ試した)も
あまり喉を通らないのですが、麦茶なら飲めることがわかってから
だいぶ水分を摂りやすくなりました。

水餃子と、レタスと水菜とキウイのサラダ、チーフのお土産の鶏の唐揚げ。
あと海老チリとレバニラ炒めがごはんでした。

※お天気のいい日、いつも仕事場にいて、ガラスの扉の向こうを眺めていると
とてもすてきなことが外にはたくさんある気がして
外へでかけたいなあ、どこか遠くへ旅行に行きたい、と思うものですが
いざ休日が来て、いつ外に出てもよいとなると
実際には家にいて本を読んでいたりします。あんまり出かけたいとも思いません。
ふと思いました。
拘束というものがあると思っていると
そこから逃避したくなるものなのかもしれない。
でも、実際には拘束があるわけではない。
社会的な約束事はたくさん身の周りにあり、それを破れば
相応の罰則や報復は、受けることになる。
でももし仕事中どこかに旅行に行きたいと私が本当に思ったなら
それを止められるものは別に何もない。
結果さえ自分で受け止めるのであれば
周囲はなんも言わない。
何か言われたとしても、本気でやりたいことなら実行できます。
旅行はもののたとえです。今やりたいとふと思ったことを
思いつくままにやることだけが自由ではないだろうとおもいますけども。

拘束というのは自分が頭の中で作りだした何か幻想みたいなもの
なんだろうなと思った。
拘束されていると自分が勝手に思い込んでいる、というか
その幻想の強さのあまりに、拘束というものが実在するかのように
信じ込んでしまうのだというか
でも実際は無い。
本当は自由なのに、そうは思えなくなっているんだなと
自分自身おもいました。
それをどう打破したらいいのかはまだわかんないんですけども

ただ、「ここに居る」ということを誰か別の人が決めたことのように思うのか
自分が選んで決めて居るのだと思うのかは
自分で選べる。
ついでに言うなら「ここから出る」のも勿論自分で選べる。
自分が自由なのか不自由なのかは自分で決定できると思った。

なんかあまりうまくまとまらなかったけど、これは学生時代から
ずっと考えているおなじみのテーマです。
今日は楽しかった。
明日は休日なので、今晩は夜更かしします。
でも、ねむいのでやっぱり寝ます。
おやすみなさい。
鴨、カモ、かも
04/20 (Mon) 22:54|今日のごはん
とにかく大量の鴨肉をなんとかせねばということで
昨日は 鴨の酒蒸しをサラダにトッピングしたやつ。
今日は鴨をスペアリブ風にたれに漬けておいたのを
焼いてたべました。
なんかもうお肉はいい感じです。
肉とか魚とかもういいんです。
正直自分だけやったら素麺と冷麺とお茶漬けだけで生きていける・・・
でも明日も鴨です。食べ切らないといたむから。

昨日なんと南高梅を塩だけで漬けたという梅干が
近所のスーパーに出現しました!!!
塩分20%、もうめっちゃうれしくて即買しました。
すっぱいです。
ものすごくすっぱいです。
わーい。

あ、そうだ、来月引っ越しすることになりました。
段ボールにいろいろつめています。
いろいろ買いたいものもあるので情報収集に忙しいです。
引っ越し多き人生です。
でもあと3回くらい引っ越す気がするなあ。

得意料理はうどん
04/16 (Thu) 21:02|日常
※一昨日、お肉を焼いていて結構な量の油がはね、手の甲を火傷したのが
今なお痛いです。
ひりひりする。

※仕事から帰って冷凍庫の底を見たら、以前いただいた鴨の塊が大量にあったので
鴨と葱と白菜と干し椎茸をいれた澄まし汁をつくって
そこに乾燥きしめんのゆでたのを投入しようと思います。
要するに、買い物に行くのがとてもめんどうだった。
今日はあるものでつくる。

そうだ。麺といえば、私の得意料理は「うどん」です。
「うどん」だそうです。
誰でもつくれるやんかあ!!とちゃぶ台を投げそうになりますが
「うどん」です。
別に特別に鰹節使ってだしをとってるわけでもなんでもなく
麺はスーパーの特売、ふつうに出てくる「うどん」です。
とにかくそういうことだそうです。

私が得意料理を決めたわけではない。
私が決めるならもっと複雑そうなのを選びます。みえで。

※梅干欠乏症になっています。
なぜ、塩と梅(+紫蘇)だけで漬けた梅干は売ってないのだろう。
どんなにしょっぱくても構わない。むしろしょっぱくあってください・・・。
売っているところがあったら是非教えてください。
早く梅を売り出してくれないかなあ。今年は大量に漬けたいと思っています。
うめ・・・・・・・・・

中古くま


※写真は。
母がなぜか、くれた中古くま。
ちっちゃくてふわふわ。少しうすよごれてます。
母がどのような理由で購入したのか完璧に謎なくま。
私自身もらったもののどうしていいかわかりません。
が、頭やおなかが痛い時などにもってると少し楽な気もちになります。
今はてもちぶさた気味に本にもたれてます。
棚卸
04/11 (Sat) 21:33|思考
子どもができるので、そのまえにいっぺん棚おろしをやっておかねばという気持ちに
最近、なっています。
実をいうとずーーーーーーーっと子ども育てる自信がなかった。全然なかった。
だから結婚も出産もする予定は人生に組み込んでなかった。
なんですが、何があるのかわからんのが人生というものでして、
産むので。

生まれてきた子どもに、自分が受け継いできた傷や血の悪い部分を
そのまま押しつけたくはないな、と思っているのです。
このいろいろ大変な世界に産みおとすだけでも、「苦労かけるな」というかんじなので
そのうえに輪をかけて自分のせいでしんどくさせたくはないと思ったです。

何をしたらいいかなあと思ってたところに、
Tさんから借りた高橋明大監督作品のDVDを観ました。『最後の怪獣』。
DVがテーマの作品です。
DVを受けて育った青年が、子供を育てることができるのか悩んで声が出なくなってしまう。
今の自分にはタイムリーな作品でした。私はこの青年よりもちょっとのうてんきですけど。
DVを受けた子たちが集まるミーティングみたいのが
でてくるのですが、なんか見ててなつかしかった。
DV問題はアルコール問題含めてうちもあったので
うちは学生時代よくアラノンACとかに行かされていました。
数回行ってなんとなくやめちゃったけど。
テーブルを囲んで座って過去のこととか今抱えてることとかを皆しゃべってた気がする。
そこの小冊子に確か「12のステップ」ていうのがあって
それの最初のほうのステップに、自分の人生にあったことを書きだしていくっていう
人生の棚卸みたいのんがあった気がする。いや、あった。
でとりあえずそれをやってみようかと思っています。
忘れてることのほうが多いので思い出せるか不安だけど。
育児の問題をのけても、
根本的に考えたほうがいいことは、たくさんたまってきている気がしてます。

おすし
04/08 (Wed) 22:23|未分類
20090408222316
写真送り忘れてたー
お茶
04/08 (Wed) 22:21|未分類
今日はTさんとニュートロンでお茶しました。 家族とか善悪とかの話したです。善悪って難しい。
ベイクドチーズケーキ食べる。ご本借りる。わーいわーい。
帰ってきたら旦那が仕事場の板前さんからの差し入れを渡してくれました。
握り鮨ー。
まるっこくてかあいらしかったので撮ってみた。
ごはん
04/02 (Thu) 23:08|今日のごはん
今日の献立記録:
朝:コーンフレークにバナナと苺をまぜてミルクをかけたの
  ヨーグルトと野菜ジュース

昼:サンドイッチとバナナヨーグルト

夜:さんまの塩焼、文旦と胡瓜と春雨のレモン甘酢和え、ホウレンソウの胡麻和え

もう雪柳が咲いてるのに、寒い一日だった。
明日からはあたたかいって聞いてます。
休みがとれたら鴨川でお花見したい。

もうヒールは履けないので、ぺたんこ靴を買いに行ってきた。
バレエシューズ風のやつ。
自転車ものらないようにしてます。
不便ですが、おもしろいっちゃおもしろいです。
ipod持たずに歩いて外の音を聴くようになりました。
鳥の声、車の音、ドアの閉まる音、自分の足音。
朝と昼では音の響き方も違っている。

ねむいです。寝ます。
今日本を読んでて印象に残った一文
「どこにもない場所こそ、真の家なのである」

むかし実家にいたときしょっちゅう「ああ帰りたいなあ」と思ってましたが
自分でわが身に「ここ実家やん、帰るってどこにやねん」ってつっこんでました。
なんかそれに応えてもらったような一文で、ああそういうことかーと思いました。
『黄金の華の秘密』(リヒャルト・ヴィルヘルム/C・G・ユング著)より。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。