背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HAPPINESS RUNS
11/30 (Mon) 02:45|思考

バラバジャガ



今日の献立記録:

朝はいつもどおりはちみつトーストと珈琲
昼:鴨のロースト(照り焼きソースにした)、大根と水菜とハムのサラダ、
  お豆腐と椎茸のお味噌汁
夜:いかフライ、ちりめん山椒と水菜の和風パスタ

ちびは歌が好きで、歌っているとおとなしくなります。
歌えば泣かずにお風呂にも入って顔も洗わせてくれるし
落ち着いてよく眠ってくれる。
しかし歌わないとギャン泣きです。(しかも肉声じゃないと効果なし)
なので、知ってる歌をかたっぱしから歌っています。
讃美歌やらロックやらフォークやらポップスやら童謡やら
感じからいうと、やつは童謡はあんまり好きじゃないようです。

初めは「どうやらこのこ歌が好きだな」と解ってはいても
「とてもしらふでは歌えません」と思っていたのですが
泣かれて切羽つまりながらやけくそ歌っているうちに、
なんも思わずに歌うようになりました・・・。
今のお風呂ソングは『上を向いて歩こう』です。

何か歌えるものはないものかと探してます。
CDとかもかけてみる。
歌えない曲ばっかり持ってて使えない・・・
その上、探してるうちに自分の方が色々聴きたくなってきて夢中になってしまう。
今かけてるCDは、ドノヴァンの『バラバジャガ』です。
このアルバムの中の「ぼくの好きなシャツ」という曲を聴こうとして
かけていたのですが、その前の曲「HAPPINESS RUNS」
の歌詞をふと見ていて、印象に残ったところがあるので
引用してみる。

※砂の上の小さな石ころ
 君は僕のてのひらに横たわる
 いつからここにいるんだい

 砂の上のちっぽけな人間
 僕は君のてのひらに横たわる
 僕にとって君は吹き渡る風にすぎない
 太陽はいつでも君に降りそそぐ
 たとえ君がどこにいようとも
 さあ 僕の祝福を受けて君の道をお行き

てのひらにのっけてる石ころと自分が不可分になっています。
石ころを見つめているうちに自分と石ころの境界線が曖昧になって
溶け合って、逆転していく。
自分が石ころになったり、
石ころが自分になったりして。
そして石ころの年経た叡智の言葉を、
まるで他者からのように受け取っているのだけれど
実はそれは自分の内側からのものだということに
無意識に気づいていないわけでもない。
そいでこの「内側」はドノヴァンの声だと、閉じてなくって、
どっかアホっぽくぱかーっと開いてて、
そこがなんか好きだなあ、と思ったのでした。

でも、問題はこの曲も歌えないってことです。
ひとえに、英語だから!!
私の間違った発音で英語歌うと間違った発音で覚えそうやし。

明日も曲探しです。
スポンサーサイト
貧血対策
11/29 (Sun) 15:42|育児
昨日は動悸息切れ眩暈ふらつきで意識が白く遠くなってきたので
「やばい貧血が進行している」と思い、
鶏のレバーを煮込んでみました。
食べたらめっちゃ元気になって、びっくりした。
こんなに露骨な変化があっていいのか。
一昨日からへたばっていたのは、睡眠不足より貧血のせいだったぽい。

鉄分を摂ろうと思って、ほうれん草は食べていたのですが、
動物性のもののほうが鉄分の吸収率が良いそうです。なるほどー。

あとレバー以外で鉄分の豊富なものは、
アサリ、しじみ、牡蠣、大豆、小松菜、ひじきなど。
ひじき買ってきてもらおうかな。

意外に多いそうな貧血、自分では自覚してないことが多いそう。
下まぶたをめくってみて、ちゃんと赤くて充血してれば大丈夫だけど
白っぽくて毛細血管が一本一本はっきり見えるようだったら貧血、だそうです。
うちの下まぶたも、めくってみたら見事に白かった。
今までは「別に、動悸くらいなら」って感じでしたが、
ちび抱っこ中にコケてもいけないので、
これ以上ひどくなるようならサプリを導入しようと思います。

チョコレートケーキ
11/28 (Sat) 15:50|今日のスイーツ
20091128154958


トゥレドゥのチョコとナッツのケーキ。
ちょうど部屋の電球が切れたところで画像が暗いけれど、
上にビターチョコレート製のお花がのっかっています。
夜寝てなくて、エネルギーが切れて朝へたりこんでたら
「元気だしなさい」って買ってきてもらえました。
しっとりしたチョコレートの層が幾層にもずっしりと重なって、
小さいけどすごく満足感のあるケーキ。
おいしかった。

内臓が。
11/28 (Sat) 01:09|育児
今日の献立:

お昼:大根と柿のサラダ、うどん
晩ご飯:鶏の炊き込みご飯、けんちん汁、さといもの煮物

さといもの煮物は元お局様からいただいたのでした。
おだしであっさり煮たシンプルでやさしいお味。
私だとさといもはすりごまを入れて煮たあまいやつになります。
新鮮だ。

それにしても~。
帝王切開後の傷が~。
おへその10センチ下あたりを横切りにした、20センチくらいの傷なのですが
横向きに寝ると、この傷がぱかっ!と開いて内臓が出てきそうな気がするのです。
いや、もちろん、実際には出てこないです。
傷の治りも順調なのです。
もちろんさわると痛いけど。
しかし。

そんな気がする~
あほな妄想とわかってはいても~

気がするだけでなく、横向きに寝ると
内臓の位置がおちつかない、というような微妙な違和感と痛みがあって。

横向きに寝たい・・・
実は私、仰向けに寝るのが苦手なのです。
横向きで丸まって寝るのが落ち着くのに~~~

地味に切実な問題。
早く完治しないかなあ。

神様たち
11/26 (Thu) 01:27|
とても眠い。

今日は鈴木大拙の『東洋的な見方』を見ていました。
じっくり読む時間はなくて、ぱらっと「見た」だけ。
不二性について書いてあるところがおもしろかった。

「二分性を超越して、しかもそれを包括する」
「一だとか二だとかいうのがすでに数にとらわれた証拠であるが、
これをいわぬと、人間は社会生活を送れぬ」
「これが人間性の制約だが、人間はそれを制約と知って、
それにとらわれない仕組みを知っている。
ここに人間的なるものの妙処がある。また生き甲斐がある」

このへんとてもわかりやすいです。
「不二性」って、そんな言葉があったんだな
と思った。
こどもが言葉を覚える前って「不二」なんじゃないかな
言葉で世界を弁別しない状態・・・
とぼんやりしたあたまで考えたり
・・・なにしろ眠くて

寝ます。

でも、つけたし。

ここのところ毎日、赤ちゃんの頃の記憶って
大人になってからはほとんど思い出せないけど、
どこに蓄積されてるんだろ?とか考えていて。
集合的無意識?ブラックホール?
言葉を覚える前の赤ちゃんの世界把握って不二だよなあとも思って。

新生児は神様みたいなもんなのかもと思いました。

むぎむぎする神様…

おしっこ飛ばす神様…

うん。

そう思っただけでした!
クロゼットの中に居るもの
11/23 (Mon) 22:05|夢記録
昨日更新しようとしてできてなかった。
これを書こうとしてた。↓

今日(23日)の献立:
朝はいつもどおり
昼:だし巻きたまご、鮭の塩焼、切干大根の煮物
夜:牛肉と椎茸・人参・お揚げさんの炊き込みご飯、白菜と豆腐のお味噌汁、
大根と昆布の中華サラダ、大根と人参のなます

動悸息切れがする。貧血からくるものです。
病院からもらった鉄剤は全部飲んじゃった。鉄をとろう。
自分の動悸をこれまで感じたことなかった、と気づいた。
心臓がドキドキするってこのことか。初めて知った。面白。
でも原因が貧血じゃあなあ。

夢。
海に出ようとしてる女と僧とボヘミアン。
砂浜にはガラス壜が転がっている。
女は硬度の高い石のような人。
自分を削ぎ落としていくことに躊躇も容赦もない。
そぎ落とす度に強靭に、つめたく、透明になっていく。
普通は殺ぎ落とすことに躊躇も容赦もするものだ、というところで
僧とボヘミアンは女を羨んでいる。批判しながら、敬している。
女はにこにこしている。
まるでこの世のひとじゃないみたい。
僧は社交的で若く、才気走っている。その才気がなければ
他のものがもっとよく見えるかもしれない。
ボヘミアンは蓬髪に柿渋の着物のような服を着て
ぼんやりとして無口にどこか遠くを見ている。
どこも見ていないようで
今ここで起きているすべてを見ている。

用事があって訪ねた空き家のクロゼットに何かがいる夢。
それが何なのかは解らない。人間ではない。
暗闇の中にいる形のないもの。
片付けをしようと思ってクロゼットに手を入れたら
そのままずるずると引きずり込まれそうになった。渾身の力でもぎ離す。
片付けも用事も終わっていないけど、このまま此処に居たら
引きずり込まれる、と思い、急いでコートを着る。
「それ」は寂しいのだろう、とおもったが、
「こどもがいるから帰らないと」と思った。

なんかそういう夢でした。
今日は特に文にまとまりがないなあ。
11/23 (Mon) 21:25|今日のごはん
きょ
11/23 (Mon) 01:19|今日のごはん
今、献立記録を書こうとして気づいた。
そういえば毎朝毎朝同じメニューだなあ。
はちみつトーストに季節の果物と珈琲。
だいたい変わりません・・・。
ちなみに今日の果物は柿です。

お昼:小松菜のごま和え、切干大根の煮物、チキン
夜:素麺サラダ、白菜と椎茸のお味噌汁、煮込みハンバーグ

こないだ実家に帰った時、かつての自分の部屋や応接間を
見て廻りました。もうきょうだいの誰も実家に住んでいないので、
使っていない部屋はどこもがらんとしてほこりくさく、暗くなっていました。
懐かしい空気にふと思い出しました。
『そういえばここはぷち化け屋敷だったよ』

化け屋敷っていっても、そんなすごいことは何もないので「ぷち」です。
今思い出したのをざっと挙げてみると
①一階の和室で人の足が見えることがある
②夜一階の台所に行くと、隣の和室から誰かが声をかけてくる
③二階の和室で誰もいないのに足音がする
④電源入ってないラジオが突然鳴り出す
などです。

①、「足」見たのは私です。最初父の足だと思ったけど
 行ってみると誰もいなかった。
②、私と末の妹の両方が体験。ものすごくでっかい声で呼ばれます。
 呼ばれているのは解るが言っている内容が解らないのも特徴で、
 聞きなおしに和室をたずねてみると誰もいないパターン。
③末の妹がおびえていた記憶が。
④私の部屋で鳴り出したので、あまりのこわさに
 夜中母を叩き起こして一緒に聞いてもらった覚えが。
 今でも原因不明。電磁波の影響か?とも思いましたが
 家の近くにはそういう影響を及ぼしそうな塔などはありません。

長年住んでたら、どこの家でも何かしらそれらしき不可思議なことが
起こるものなのかもしれません。
皆がコメントしないだけで。・・・どうなんだろ。

ともあれ、残念ながら、里帰り滞在中はなにも
怪奇なことは起こらなかったのでした。
全てはむぎむぎのせい
11/20 (Fri) 02:08|育児
献立記録:
朝:柿と珈琲とはちみつトースト
昼:ハムとベビーリーフの辛子醤油味和風パスタ(変な取り合せ・・・)
夜:鯵のひらき、ポテトサラダ、お味噌汁

赤子のねてる間にすばやく食事!泣いたら中断。
往々にして食事は冷めてしまいます。
うち、冷めた食事を出されるのは平気ですが、自分が出す食事が
食卓の上で冷めるのは許せないほうでした。
しかしもうそんなこたあいってられなくなりました。

ちなみに、私は、ちっこいのんが暴れて泣くところを見ているのが
わりとすきだったりします。

泣きかたとしましては:
仰向けに寝たまま、げんこつを振り上げ、足の屈伸運動をおこないます。
例えていうなら、転んで逆さになったまる虫が
起き上れなくてもがいているような感じです。
「むぎー」「んにゃーいー」というような鳴き声をだします。
顔はまっかでしわくちゃ、非常にぶさいくです。
私はこの一連のうごきをひそかに「むぎむぎ」と呼んでいます。
むぎむぎしている間、ちっこいのは「むぎむぎくん」と呼称されます。
ちっちゃいのがむぎむぎしはじめると、
「はっ。むぎむぎだ!むぎむぎが始まったぞ!」と
わくわくして見守ってしまいます。
げらげら笑ってしまうこともあります。
顔がほころんでいても私のせいじゃありません。
全てはむぎむぎのせいです。
もちろん、わざと泣かしたりはしません。ほんとです。

仕事場で自分を追い込んで楽しんでたら (…と、いうか、
追い込まれたので、どうせなら楽しめばいいやん、と状況を楽しんでみていた)
「どMですね」とみもふたもない感じでコメントされたことがありますが
父から受け継いだSの血も健在なような気がした今日この頃。

むぎむぎくんもそろそろ生後一か月を迎えます。
父と柿
11/18 (Wed) 01:27|日常
今日の献立は

ほうれん草の胡麻和え、焼肉少し、白菜とお揚げさんのお味噌汁

あじのひらき、切干大根の煮物、わかめのスープ、八宝菜

でした。

五日ほど大阪の実家で養生していました。
二年ぶりくらいに(もっとかな)父に会った。
父ははまちの骨の入った小さなカプセルをくれた。
はまちの骨は父の故郷に埋めたといってた。
なぜはまちが行ったこともない父の故郷になど連れて行ってしまったのか
と私は最初恨んでいたのけれど
たぶん父自身がさびしかったからだと思う
大阪の家には足を向けないが、故郷の家にはたまに訪れているそうなので
父が会いたくなったら、会いにいけるわけで

父は、はまちのことはかわいがっていた。
はまちには明らかに怯えられてたけれど
投げたりつるしたりしていつもうれしそうにいじめていた。
常にそういう表現しかできないのが父なので
だいたいの場合相手に全く通じないのではあるけど
はまちがいなくなったのを私と同じくらいさみしいと感じているのは
たぶん父だろうと思う。

父は白髪のオールバックの眼つきの怖いおっさんになっていた
父をみたちっこいのは怖がるかと思ったが
(父が姉の子たちをかなり怖がらせたらしいという話は聞いていた)
じっと父に目をすえてきゅるきゅるいっているだけでした
母が この子はどこか幼いころのあなたに似ている と言った
父は熟柿を一個たべ、自分は小学二年のときすでに眉間に皺が寄っていたな
というと、しずかにどこかに帰って行った。

あの熟柿を好きなのは家では父だけだったな
というようなことを思い出しました

次に会うのは父が死んだ時ではないか となんとなく思っていたので
子どもの顔を見せることができて よかったです。
鴨と禿
11/08 (Sun) 22:03|今日のごはん
今日は昼に鴨南蛮、夜に肉じゃがをつくりました。

こないだ、旦那にちっちゃいのを見ててもらって、
気分転換に一人で買い物に行きました。
スーパーに向ってぼ-っと歩いてたら、
交差点の信号待ちで禿のおっちゃんを見てはげしくなごみました。
あれは、なんですかー
後頭部が光っておりさえすればなごむというわけではないんですね
まだ頭髪が残っているからといって
俗にバーコードと言われる姑息な櫛目などは
断じて入れてはいけないのであって
手入れなどしたこともないふうがよいです
尚且つ着ているスーツはぱりっと糊がきいていたり
お洒落スーツであったりしてはいけなくって
何のこだわりもなく、適度にへなへなしている様が、風情があってよいですね
そして大事なことに、万が一眼光が鋭かったり抜け目のない顔つきであったりしたら
全てが残念なことになってしまうのであって
茫洋とした眼差しでどことも知れないあたりを眺めておられるのが、理想的です。

わたしだけか?
この理想。
でも「禿の人」を専門に好きなわけではないです。
周囲に禿の人は多いけど。
美禿の人や清潔禿の人や若禿の人やいろいろおられます。
でも、理想通りの「禿の人」って、なかなかいないです。
おられても、はるか遠くから後頭部を含めたお姿を
愛でさせていただくだけなんですが。
なごむなあ…

思い出すだけでいやされます。
大変かつ楽しい日々。
11/06 (Fri) 09:38|未分類
手が離せない日々。文字通り「手が離せない」。この言い回し、よく言ったものだと思う。
赤ちゃんを抱っこして授乳しているときって、忙しいわけじゃないんだけど、まさに「手が離せない」。それ以外のことはなんもできません…。
最初、仕事してた時の癖で「このじっと座ってる時間、無駄?有効に使えないか」とか考えてしまってましたが、もう最近は開き直った。授乳はコミュニケーションだ。しかし赤ちゃんとのコミュニケーションて、ほんまに効率という言葉の真逆に位置している気がする。区切りのない時間を生きてる感じ。
仕事のときの脳味噌から切り替えないといけないですね。

出産前に鶏のマリネやハンバーグ、切干大根や大豆の煮物等を仕込んで冷凍しておいたのがかなり役立っている。仕込んでおいてよかった!

たまに母が来てくれると助かる。眠れる。
でも、もう慣れて、もっと寝てよくても、二時間毎に勝手に目が醒めるようになりました。人間てよくできてるなあ。

退院後すぐ家事復帰した為か、乳腺炎でご飯食べれなかったせいか、体重とかは妊娠前より減りました。
退院前に院長先生から、「あなたみたいな人の場合、一週間で体重は元に戻ってしまう。その後ほっといたら骨がスカスカになってガリガリになるぞ!だから食べ過ぎかと思うくらい食べときなさい」と宣告されていたところ、ほんまにちょうど一週間で体重が戻りました。出産直後で妊娠前+3キロやったのですが、一週間検診の時の体重測定でちょうど3キロ減って+-ゼロになっていました。院長先生すごい。凄腕の占い師みたい。
しかし、骨がスカスカになるのは怖いので、カルシウムを取ろう…。

寒くなるとわくわくします。
ガスストーブの匂いにもときめいてしまう。
へんかしら。
冬の日
11/04 (Wed) 14:26|未分類
たった二日くらいで驚くほど寒くなったみたい。窓ガラスの近くに立つと空気が冷たい。
今日は術後の一週間検診のため病院にきました。帰りに本屋さんに寄りたい。
退院後病院に来る以外で家から一歩も出てなく、それも毎回タクシーでの外出なので、普通に足で歩いて散歩したいです。熱も下がったし。
でも人込みは避けないといけないので。
ねむい。

ちっちゃいのは旦那に託してきましたが、ちょっと離れるとさみしい。 じつは時々息子をはまちの名前で呼び間違えてしまうことがあります。妹もこないだ間違えてはまちと呼んでた。
新生児は猫に似ている。泣き方とか抱っこが難しいとことか。
あとなんとなく生まれ変わりのように思っている部分も少しだけあるのだと思う。

寒いけど明るい一日。
炊き込みご飯作ろうっと。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。