背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪と大晦日
12/31 (Fri) 21:45|日常
朝起きたら、外がすごいことになっていました。
雪がつもっている!!
朝起きたら世界が白くなっているという、この状況は何かすごくわくわくです。

雪が学校とマンションの境のフェンス(?)にまで積もって、
向こう側がよくみえません・・・
どんなふうに見えないかというと

雪フェンス

これくらい見えません。
ふわふわした白い幕の内側にいるみたいで不思議な感じです。

何かあっというまに21時。
わたしはおばあちゃんのぽたぽた焼を食べております。
さっきぽてちとチョコレートも食べました。
このあとお蕎麦も食べられるか。

よいお年を。
スポンサーサイト
赤かぶとかのお話
12/27 (Mon) 17:42|今日のごはん
今年もおしつまってまいりました。
そろそろ買い出しに行こう。
年末年始、スーパーぐらい空いているだろうと甘く見ると
痛い目をみる。過去痛い目を見たのだった。

お局様から赤かぶのお漬物をおすそわけしていただいたので晩ごはんに。
お局様方、一部を除きけっしてわたしと仲がいいわけではないのだが
旦那ちゃんが職場で昔から謎の人気者なため、
「安くまとめ買いしたから」「親戚が作っているので」「おみやげ」と
たけのこやらかぼすやらどらやきやら
とりあえず種々雑多色んなものを旦那経由でいただくのだった。

「ちびくんはおまえさんだけの子どもではない。
 ちびくんは●●●(職場名)みんなの孫である」
と ちびに関しては言われています。年齢的には孫にあたるかんじ。
もうここまでくると私怨を超えてありがたい。
ただ えーと なんというかお姑さんがすごく沢山いる感じです

赤かぶ、おうちで浸けたものらしく、素朴な味でおいしかった。
後で赤かぶについて調べよっ

そう、調べるといえばOZちゃんに
『野菜の便利帳』という本をプレゼントしてもらったのですが
これが非常におもしろいのでした。赤かぶも確か載っていたのだ
写真のたくさん入った野菜辞典みたいな本なのですが、
これを全部頭にいれておいたら自分と家族のにわか医者くらいならなれる気がする。
身近なところでは、レタスに催眠効果があるということなど、初めて知りました。
幼いころからずっと食べている野菜なのに、知ってるつもりで知らないことが
まだまだたくさんあるんだなあ、と不思議な気持になったのでした。
ちびがでっかくなったら一緒に読もうと思います。
わにわに
12/19 (Sun) 20:39|
waniwani.jpg wanigoti.jpg

西宮阪急にはこどもが自由に絵本を読める場所があります。
おとといそこでちびと絵本を見ていたところ
一緒に行った姉から「これおもしろい」と
教えてもらった絵本が『わにわにのおふろ』(小風さち 著、山口 マオ 絵)。
ぱらぱら読みして「ハッ」となり、帰ってきてすぐ買いました。

話といえばわにの主人公わにわにがおふろに入って出てくるだけなのですが
わにわにのわにわにたる所以がおふろに入るだけでわかるというか
なんかうまくいえませんがおもしろいです・・・
他にもたくさんお勧めしてもらったのにもかかわらず
わにわにの衝撃ですべて忘れてしまいました。

『わにわにのごちそう』も買ってみた。
今届くのを待っています。
基本的に絵がこわい。
こわいけどかわいい。
怪獣的なかんじ・・・。

早く届かないかなあ。
飛行機研究会のおじいさん達
12/19 (Sun) 12:55|お出かけ
三日ほど実家に帰省していました。
姉妹たちにちびを会わせようという計画。三日でなんとか全員に会えた。
用があって皆で阪急にばかり行っていた気がする。
きらきらのツリーや音楽で、デパートは楽しげな雰囲気。
ちびはデパートへ行くとお買いものカートを押したがり、
急発進急停車でごうごう走って買い物客のおばさまたちと事故多発。
自分は絶対にのらないのだった。たのしそうでした。
なぜそんなにのりものが好きなのか・・・
ちび事故阻止のため、後を追いかけ電池切れ。

つかれたので土曜は近所の大きな公園に行って羽を伸ばしました。
公園ではおじいさん達が芝生にゆるゆると集まって、
手製の飛行機をゴムで飛ばしていました。
小さな黄色や赤のプラスチックの飛行機で、ラジコンとかじゃないのに
風とゴムの力だけですごく高く飛ぶんです。
おじいさん達は気さくにちびに声をかけてくれました。
飛行機に一円玉で重しをつけたり、日々研究を重ねているようでした。
十五名はいたけど、どういう集まりなのかなあ・・・聞けばよかった。

高く上がる飛行機を見ているだけで気持ちがよかったです。
電球
12/10 (Fri) 20:41|日常
大掃除を始めています。
やはり、早すぎるだろうか。
クリスマスから年末にかけてはばたばたしそうだし
一日で全部掃除するのはとうていむりと思って
一か所ずつとりかかっているのだった。
でもたぶん一通り終えた頃には
一番最初に掃除した場所が汚れてきていることだろう。
そう考えると 

・・・・・・。

ってなるので、もうなにも考えないことにしてみた。
やったあとで考えたらいいのよ ←いつもこれ

今日は髪を切りに行きました。
色も明るくしたのでした。
すると気のせいか気持ちも明るくなるのであった。

電球のようであります。
謎とどんぐり
12/08 (Wed) 12:07|日常
donguri.jpg

画像はこのあいだ植物園で拾ったどんぐりです。
下に敷いているのは、おうちで草木染めの工房をしている知り合いのかたが
作ってくれたはんかち。
渋い色合いがどんぐりにぴったりだと思います。

このあいだうまく文が書けないとかかいたのですが
全くたいしたことなくおさまりました~
単語が思いだせないから、書くのにすごく時間がかかったり
しゃべるのも非常にゆっくりになっておもしろい。
何か読んでいてもぼんやりかすんでみえて理解できなかったりするのだ。
自信のもてない外国語を話している感じ。
お医者さまに相談したこともあるのですが、ぜんぜん心配いらないようです。
でも、なんなのかだけが知りたい。

どんぐり
12/04 (Sat) 21:42|植物
もみじ

白ばら

先日植物園へ行きました。
目的はただ一つ。

・どんぐり

でした。

どんぐり拾って帰りました。小さめのが多かった。
ちびはお婆さんたちににこにこしながらも
とりあえずどんぐりを両手にしっかりにぎりしめていた。

あまりに紅葉がきれいでみとれました。
見上げるともみじの天蓋があるようで、絵のようです。
人がいっぱいいる名所もいいなあと思ったけども
じゅうぶんに満足でした。
あと写真は白いばら。

あと、昨日は、歯医者に行った帰り
レントゲンを撮って自転車に乗って帰ろうとしたら
黄色い蝶に出会い、それが頬っぺたにぶつかりました。
びっくりした。
蝶々もびっくりしたことだろうと思いました。

なんだかなぜか今日はちゃんと文章を書けなくて
時間がかなりかかる感じがするのでこのへんに
しておこう。
文章とかが今日はおかしい気がする。

ねよう。
霜焼け事情
12/01 (Wed) 13:08|未分類
霜焼けになってしまった。
小さい頃から手足が冷たかったので、毎冬
霜焼けになっていた記憶がある。
しかし高校生以降は霜焼けを卒業していた。
大人になれば霜焼けにはならないのだと
うれしく思っていた。予想外です。
ショックといってもいいくらいだ。

だって霜焼けは病院の薬も効かないし、
ひたすら祈って治るのを待つしかないから。
かゆいし、痛いし、かわいくない指になるし。
小さい頃あんまり霜焼けがひどいので母と病院に行くと、
先生がしんそこ懐かしそうに言いました。

ああ、霜焼けか。昔の子はよくなっていたもんだよねえ。
最近はあまり見かけないね。

二十年前の霜焼け事情です。
今はもっと少ないのかな。

とりあえず、部位は足なので、靴下を履きます。
はだしで歩いていたのがいけなかったのだと思う。





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。