背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二度目の夢
11/21 (Tue) 20:51|夢記録
国立図書館にいたら、尋常じゃなく巨大なたこが冷凍庫から這い出してきて図書館を破壊してまわるという夢を見た。
逃げ回る人々の悲鳴と怒号、崩れ落ちる本棚、大理石の壁を突き破る青く透明なたこの足。
音もなく天井がずれていくのを、私は茫然と見上げていた。

たこが這い出る冷凍庫の傍らには、白と金のチャイナドレスを着てまあるく髪を結いあげた美しい少女が立ち、冷凍庫の蓋に軽く手をのせてほほえんでいる。
彼女は私に話しかけた。
「わたしたち、貴方を追いかけてここまで来たの。責任感じない?」

これ、実は中3の時に見た夢と同じモチーフ。
その時は、巨大なたこが地中から現れて学校を破壊しつくすという夢だった。
そのとき全く意味わからなかったけど日記につけてた。
今でもなんとなくしかわかんない。

区役所でいっぺんに三つくらいの手続き。手続きと名前のつくものは何でも苦手。

今日の晩ごはんの献立は
かぶとブロッコリのえびそぼろあんかけと、キャベツとツナのココット
あと帆立貝のバター醤油焼き。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。