背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下鴨納涼古本祭
08/17 (Fri) 08:01|
昨日は下鴨納涼古本祭の最終日でした。
糺の森にて。

しかし、用事があって糺の森に着いたのは15時。そして終了は16時。
当然書店全部は見て廻れない。ほとんど殺気を放ちながら店を巡りました。
急ぎだと、一冊一冊手にとって見る時間はない。もう本の背表紙が醸し出すにおいで「美味しい本かどうか」を判断するしかない。書棚ごとにぱっと見てぱっと離れる。
森の中は外と温度差があって少しだけひんやりしている。古書のただずまいもひんやり静かである。皆さん団扇をつかいながら静かに歩き廻っている。しかし私のようすはあつくるしかったに違いない。

収穫は以下の通り。

ロフティング『ドリトル先生航海記』
ゲーテ『ファウスト』
ジョイス『若い芸術家の肖像』
ジョイス『ユリシーズⅠ』
V・ウルフ『ダロウェイ夫人』
河合隼雄『ユング心理学入門』
フォン・フランツ『永遠の少年』
佐藤紅緑『少年賛歌』

フォン・フランツ『永遠の少年』。この本、図書館でも書店でも見たことがない。 此処で買わなければもう一生出会わないかもしれないと思い、購入。まさに一期一会。
ジョイスはずっと読みたかったけど読めていなかったので購入。全集なのでV・ウルフの著作もはいっていてお得感があります。
河合隼雄さんの『ユング心理学入門』、これは学生時代何度も繰り返し図書館で借りて読んだ。うちが夢分析にはいりこむきっかけとなった記念すべき第一冊目の本です。200円で購入。
ファウストは実家にあるけど、持っておきたいので購入。
佐藤紅緑『少年賛歌』、かつて雑誌『少年倶楽部』に掲載されて好評を博した名作だそう。リズムのある文体が気に入って買った。
ドリトル先生はかなり以前から気長に無理せず集めてます。100円で購入。

秋の古本まつりは、十月三十一日~十一月四日まで、百万遍知恩寺にて。行きたい。

たくさん収穫を得てうれしい気持ちのまま、ビールを飲みながら時間を待ち、大文字を見ました。そんな一日。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。