背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の集会
08/31 (Fri) 20:17|お出かけ
しま猫

猫の集会を目撃した。

今日は近所の広い公園で三時間ほどぼーっとしていた。
公園に縞猫が大きいのと小さいの、二匹ほどいて円くなって寝ていたので
かまいにいったら全然逃げないので、ちいさいほうを膝にのせて
ベンチに座ったままぼーっとしていたら三時間経ってしまったのだ。
ちいさいのは鼻をぴすぴすいわせていた。うずまきぱんそっくりになって眠っている。ニ時間半くらいでさすがにもう行こうかと思い膝から降ろしたら、また乗ってきたので行くに行けなくなった。
風が強くて頭上で樹がざわざわいっている。
そのうち黒い堅肥りしたのがまっすぐやってきて、挨拶すると私の横に止まった。少しなでれた。多分ここのボス猫やと思う。

次いで好々爺という感じの人間のお爺さんが黒い犬を連れてやってきた。
いい眼をした犬だ。
お爺さんと犬を見てもどの猫も逃げない。
お爺さんはうちの膝の仔猫を見て立ち止まり、
「こういうところに猫がいるのを見ても犬は追わない。だが柵の向うや木の陰にいるのを見ると追っかける」
と言った。
そして犬と旅する番組について少し語ったが、そのうち向うでさっきのボス猫らしき黒猫と茶虎猫とが睨み合いを始めたので、
「おや喧嘩が始まった。さてとりなしに出かけるとするか」と犬を連れて歩いてゆき、猫どもを退散させてから此方に手を振って帰っていった。

鳥が蝉をくわえて飛んできた。すると寝ていた大きいほうの縞猫が素早く走り出し、それを見た鳥が蝉を落っことして飛び去った。
鳥が落とした蝉を縞猫は食べ始め、すっかり食べてしまってから毛繕いをした。

ボス猫が戻ってきた。時刻は18時。あちこちから猫が集まってくる。つんと黒くて小柄のやつ、白靴下をはいた臆病そうな茶色のやつ。五匹くらい集まって、座っている。
多分これ、猫の集会だ。
おじゃまかと思い、うちは再度仔猫を降ろして、ボス猫に挨拶してから自転車に乗って帰り始めた。
すると帰り道で今度は九匹以上いる猫の集団を発見。
なんじゃこりゃ!!!!
と立ち止まると、そこに自転車でおじさん、おばさんが到着。
わらわらと集まってくる猫。

こ、これは・・・。
おじさんとおばさんは猫にごはんをあげ始めた。全員が等分に食べられるようにわけてやっている。二人は猫おじさん&猫おばさんだったのだ。

しかし九匹もの猫の集団を見た私はものすごくうれしくなってしまい
しあわせな気分で帰途についた。帰り道にさらに二匹の猫を目撃。
公園には長居してみるものだと思った。

今日は猫を十六匹ほど見た計算になる
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。