背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイン・オースティンの読書会
05/30 (Fri) 00:12|映画
Tさんのお誘いで、昨日仕事帰りにみにいってきました。
『ジェイン・オースティンの読書会』
うちがやってる梅干読書会の感じとはまた違ってておもしろかった。
ジェイン・オースティンの著作を読むメンバーたちのドラマ。
キャラクターも著作への温度差も抱える事情も動機付けもそれぞれ。
でも読むのは同じ本。
自宅開催してるのかあとか、同じ著者のものをずっと読んでいくのも
おもしろいと思った。
あと本ごとにリーダーを決めてやるのっていいな。
うち司会役が上手でないので、リーダー役を分担できるという考え方は魅力的。
うちのメンバーはしっかりした人ばかりやし。
ファシリテーターを毎回決めるというのもいいかもしれない。
いろいろ参考になりました。

今日は休日でしたがやらなあかん仕事があって午前中出勤。
帰ってからは惰眠と読書。
岡倉天心の『日本の目覚め』、皆村武一『ザ・タイムスにみる幕末維新』を読了。
どちらも明治維新のころのことを扱った本。
しかし『日本の目覚め』は、詩的だがちょっと
日本を美化しすぎているきらいがあると思った。
岡倉天心の『茶の本』はすごく好きなんだけど。

それから『アステカ文明』を読み始める。リチャード・F.タウンゼントという人の著作。
テスカポリトカについて資料があるかと思って借りてきたのだけれど
テスカポリトカについては期待したほどは記述がない。
わかったのは、幸運・不運の両方の運命をつかさどる全能神で
超自然的な力「マナ」の体現とみられていること。
最も強力な最高神で支配権と深いかかわりがある。
別名が多いのでそこから読み取れることはある。
「煙立つ鏡」「黒曜石の鏡」「彼自身を創る者」「われらは彼の奴隷」
「敵」「近くのものの王」「夜・風」
これだけでいろいろわかる気がして慎重になった。
ただ、こういった知識は形で、入り口だ。

最近自分が自分の姿勢を決めかねているということに気付く。
自分に対する姿勢。
私にとって必要な問いは何がしたいかではなくどうしたいかで
求めているのは結果ではなく状態だ。
求めている状態ははっきりしているが、それにたどりつく道筋がはっきりしない。
道はたくさんあるが私の道がどれなのか、選ぶのか作るのかは私が決めるしかない。
ただ最近感じていることは、自分の暗い森に迷い込むより、
もっと明確で簡素なひらけた空の下に出たいということ。
森の中には収穫があるのだが、単純にもう
そうして得られる収穫はすでに得た、次に行かないといけない
という感覚があるのだ。
何事にも時がある。

でも次って?

私は世界を切り取る体系を探しているだけなのかな?
それが道?
いやちがうはず、

つまりそういうのが悩みなわけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。