背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろおもうことあり
09/13 (Sat) 19:54|思考
ネクタリンとぶどうを買った。冷蔵庫にくだものがないとさみしい。
たいした贅沢はできないけど、朝食にくだものをとるのが幸せ。

麦茶をわかすとき思う。麦茶をあと何度沸かせば冬かな。
まだときどき日中は暑いので、冷たいお茶を用意してるのです。

朝家を出るときの空気のにおいが秋になってる。

書けるような悩みなんて悩みじゃない
とかいまさらのように最近、思った。
といって今悩んでいるわけではないですが
苦しむのも自分には薬。
面倒で儘ならず不愉快で悲しみに満ちた諸々の出来事に泥まみれになっていると
その中で思いがけず宝石を掴むこともある。
余裕のないときは余計なものを捨てざるを得ないから見つけやすい気がする。
そういう宝石みたいなものを見つけたいと思っている。
自分の名前はそういうもののためにつけられたと思っている。
命名者の父がどう考えてのたかは知らないけど、私はかってにそう思うことにした。
苦しむことも贈り物のひとつじゃないかな。

「感情」についてこの間人といっしょに話して、考えたこと。
私の場合、自分の感情を押し殺すほうが、感情をあけはなつよりも簡単なことなのだけれど
(押し殺す以前に感情が存在することすら否認していることも多い)
「勇気をもって」感情がそこにいることをみとめて、場所を与えることは
大事だ、というようなことを思いました。

ただずっと否認し、押し殺していると、殺した感情に復讐される、
つまり一気に「のっとられる」ようなことも起きてきます。
のっとられることを未然に防ごうとすれば、自分の中の感情に居場所をあたえ
一緒に生きていこう、と感情にむかって言うしかないです。
感情の言うことに耳を傾けつつ、感情に自分をのっとられないには、
そういう真摯な過程が必要な気がする。
とはいえ感情がそこにあることを認めたり、感じたりすることは
私にとってとてもこわく、非常な不安をともなう作業なので
「勇気が必要」なわけなんだけれど。
笑われそうな気がしてきたけど。私は思考タイプで感情は大の苦手分野です。

フォーカシングとかの技法がこれをやるのの手助けにもなりそうだけど
技法だけじゃちょっとたちうちできない場合も多くて
根本的に自分の感情に対する敬意とか、自分の感情を生きる決意とかが必要な気がする。
それは自分にしかできないし、自分でしか持てない。

一番大事なのが、自分に対する態度で
それがあれば技法知らなくても技法違ってても同じところにたどりつくんじゃないかと思う。
うちは夢分析でやっていましたが。
最初の問題は、自分に対して自分がどういう態度でいるかについて、自分でも知らなかったり、
無意識だったりするということです。

自分のことは自分が一番よくわかっている、と思いがちだけれど
ほんまに自分のこと、私は全然知らないんだ、と時々思います。
そういうとき、すごく感激します。
自分は他人みたいなもので、その他人を通じて、ほかの人とつながれるのが
おもしろいです。

目新しいことはなにもないけど、いつも考えていることをまとめてみた。
生きてるって、こわくておもしろい。
スポンサーサイト

コメント

自分を痛めつけると、発見を得る前に消耗してしまうので気を付けないと。昨日はうちにいつも来訪する猫ちゃんにちょっと困らされました。その瞬間の写メを日記にアップしましたが、カワイイです
2008/09/14(日) 17:45:28 |URL|キノコルゲ #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。