背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少女の夢
11/13 (Thu) 21:51|夢記録
昨晩の夢。

 私はある人物からある幼い少女を預けられる。それはこの世の秩序を破壊する力をもった少女。
私に少女を預けた人物は、暗躍する政治家だった。
彼は言った。この世はすべてゲームだ。この世はすべて虚構だ。
怖がることも動じることもない。虚構を壊すものもゲームのツールにすぎない。
彼が連れてきた可憐な少女は、彼がつくりだした生けるロボットだった。
彼は言った。「君たちには我々が都心を制覇する間おとりとして存在してもらう」。

自分が駒のように利用されることに反発を感じたが
幼い少女を彼のもとに置き去りにすることができず、私は少女の手をひいて立っていた。
彼らの作り出す構図から逃げ出してやる、と思った。
少女はじっと私と彼を見くらべて黙っていた。そしてわたしの心の動きを読み取ったようだった。
少女は部屋の中の男が目を離した隙にに私の手をひいて部屋の外へ出、
ぱたんとドアを閉じた。ドアの鍵がかかった。
少女は大きな目で私をじっと見上げた。
 部屋の中から男の声が追ってきた。「逃げようというのかね・・・いいさ、逃げるがいい。無駄だがね」
 私は少女を連れて階段を駆け下り、逃げ出した。

 私と少女はある人物をたずねて広原へ向かった。
そのひとは羊を見守る旗のように穏やかに、野原に立っているはずだ。いつもそうだったから。
しかし、そこには彼の姿はなく、あるのは張り巡らされた垣根だけだった。
 道中で私は人に「彼」の消息を尋ねた。
そこで「彼」が今は死んで地面の下にねむっている、ということを聞かされた。
私は心から言った。「そのほうがいいんだ、私にとってそのほうがはるかにいいんだ。
あの人がほかの多くの人の目に触れ、ほかの人の思いによごされるのを見ているくらいなら」
 私は自分のあまりに深い安堵のために、自分が彼を愛しすぎていたことを知った。
だが私の愛は彼にふさわしくはなかった。私の愛は利己的だった。
 「彼」は自分が多くの人のために存在していると知っていたし
そのために倒れることを知ってもいた。そしてその運命から逃れようとはしなかった。
 私の愛は彼の運命を肯定することができなかったが、彼は自身の運命を肯定していた。
 私は彼が(自分をふくめた)世人によごされるのを懸念したが
彼は決してよごされることがなかった。
 彼は私にとってキリストだった。ほかの多くの人にとってもそうだったように。

 さて、私は「彼」の保護を求めて少女とともにやってきたのだったが、
彼はもう死んでいるとのことだった。
 しかし私はなぜだか、あてをなくした、という気持ちにはならなかった。
 安堵が私の心にあった。私は「彼」が埋まっている地面にじっと目をやった。
 そしてきびすを返して港へむかった。
 私はそこで少女と海をながめた。きびしい冬の風が吹いていた。
 私はたあいのないことを少女と話した。
 あの海の上に飛んでいるのは、かもめ。あの浮かんでいるのは、ふね。魚を運んでいるのよ。

 ホテルの部屋に戻ると、少女を連れていた女はベッドに入り、次の朝に息絶えた。
 目覚めた少女は起き上がって隣の女の顔に見入り、平静に言った。「ママ、死んでる」
 少女は知っていた。死は彼女の望みだったことを。

 少女はもともと庇護される必要がなかった。
逆にいわせてもらえば、少女が「ママ」を保護していたのだ。
少女の力は「ママ」をはるかに上回っていた。
 少女に「ママ」が与えられたのは、少女を庇護させるためではなかった。
少女に庇護すべきものをつくることで、少女に足枷をつけることが目的だったのだ。
 ママといる少女は、わざわざ切符を買って電車に乗り、
歩いて道を越えねばならなかった。一人だったら空をとべるのに。
追手から逃れるためにママと少女はいろいろな所に隠れて息をひそめねばならなかった。
ママを守るために。一人だったらいっぱい殺せるのに。しかし少女は弱きママを愛していた。
 しかし今や足枷は外れた。
 少女は一人だった。

 ひどく印象の強い夢。
 
スポンサーサイト

コメント

短編小説のようです。大きなテーマが内包されており、キノコルゲはとても深い感銘を受けました。今いろいろと考えている物に、素敵なヒントをいただきました。キノコルゲは丁度最前、仕事を終えたばかりで脳が渇いていたので、いい潤いを得る事が出来ました。キノコルゲはここ何年も、仕事に追われる夢ばかり見ています(^_^;)
2008/11/14(金) 02:00:15 |URL|キノコルゲ #- [編集]
無意識の夜の産物なので、自分が受けるべき賛辞でないのが残念です^^
でも何かのお役に立てたのなら書いてよかったです。
この夢には私もわからないままに心動かされています。

お仕事お疲れ様です。うちも仕事してる夢をよく見ます・・・
2008/11/14(金) 18:24:37 |URL|hakka #2MSNKDvE [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。