背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館と猫
12/15 (Mon) 22:51|夢記録
夢の記録。

図書館の静かな書棚の上に、三匹の猫が並んで寝そべり、青の瞳で揃って私を見る。
三匹ともロシアンブルーで、とても美しい。

私はある女性作家の話を聴いている。
彼女はずっと昔に自殺してしまった。
でも今は生きていて、美しく、すんなりした肩を露出するかたちの
白く長いドレスを着ている。
片手に紅茶椀をもち、恋人から届いた手紙について私に話している。
小さな顔。ブロンドを眉の上でカールさせた古い髪型で、大きな瞳は悲しげ。
彼女の話し方はあたたかく親しげで、彼女がそのあと自死してしまうなんて
考えられないくらいだった。
でも、彼女は確かに死んでしまっているのだ。
その人の名前を私は確かに聞いたことがある、と思い、
起きてしばらくははっきり覚えていたけど
朝ごはんの用意をしているうちにさらさら消えてしまった。

今日はジュンク堂にアルトーの本を探しに行ってみたけれど
(もしかしてあるかと思って)
取り寄せも不可能、とのことだったので、やっぱり無理かとあきらめた。
ネットで購入するしかないみたい。

スポンサーサイト

コメント

麗しい夢ですね(^-^)キノコルゲは昨夜、以前勤めていたけど、揉めて辞めた会社に、おめおめと再就職して、肩身の狭い思いをする夢を見ました。せめて夢位楽しい思いをしたいものなのに、現実より厳しくて泣けて来ます(T_T)
2008/12/16(火) 13:09:06 |URL|キノコルゲ #- [編集]
夢でイヤな仕事の夢みて凹むことって、ありますね。それは残念でしたね^^;
今日はいい夢が見れますよう。
2008/12/18(木) 01:47:22 |URL|Noname #2MSNKDvE [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。