背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全財産かけて虚無を買う話
09/13 (Sun) 10:53|夢記録
あ、晴れた。
ふとんを干します。

今日の夢記録:

世界が終るらしい。
若い学者さん二人ががらんとした小学校で話をしているのを記録に撮っている。
朱雀さんという名前の女の小説家さんがその番組に出るそうなので
私はそれを見ようとして出かけて行く。
たまたま彼女がある中年男性と何か契約をしようとしているのを知り
私は飛び込んで行く。
というのは、もう世界が終るというのに、中年男性は彼女に
一千万相当の広大な土地を売りつけようとしているのだ。
「そんなもん買ってどうすんですか、もうじき世界は終わるんですよ。
うちら人間は全員死んじゃうのに、土地なんか持ってても意味ないじゃないですか」
私の剣幕をみた中年男性は慌てて逃げ出して行ったが、朱雀さんはわらった。
「いいの。全財産かけて虚無を買うの」
どこかなげやりでからっぽなわらい方だった。
私のとなりにいたTさんがうなずいて、なんかわかる、と言った。

世界の終末シリーズまだ続いてたんですね。
なんか時間軸がちょっとずれた。終末前に戻っている。

いつまで続くんだろう。
世界の終末夢というのは
おおざっぱにいえば、これまでの価値観壊します、既存の世界観もこれから壊れます
新しいものを創れるかどうかは自分次第です
という意味の夢なんだと思うんだけど、それは結婚したし世界観が変わりつつあるんだろうな、
とはおもうんだけど、しかし見始めてから長い。
壊れた世界は無くなってしまうんだろうか。それともどこかに眠りながら在り続けるんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。