背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロゼットの中に居るもの
11/23 (Mon) 22:05|夢記録
昨日更新しようとしてできてなかった。
これを書こうとしてた。↓

今日(23日)の献立:
朝はいつもどおり
昼:だし巻きたまご、鮭の塩焼、切干大根の煮物
夜:牛肉と椎茸・人参・お揚げさんの炊き込みご飯、白菜と豆腐のお味噌汁、
大根と昆布の中華サラダ、大根と人参のなます

動悸息切れがする。貧血からくるものです。
病院からもらった鉄剤は全部飲んじゃった。鉄をとろう。
自分の動悸をこれまで感じたことなかった、と気づいた。
心臓がドキドキするってこのことか。初めて知った。面白。
でも原因が貧血じゃあなあ。

夢。
海に出ようとしてる女と僧とボヘミアン。
砂浜にはガラス壜が転がっている。
女は硬度の高い石のような人。
自分を削ぎ落としていくことに躊躇も容赦もない。
そぎ落とす度に強靭に、つめたく、透明になっていく。
普通は殺ぎ落とすことに躊躇も容赦もするものだ、というところで
僧とボヘミアンは女を羨んでいる。批判しながら、敬している。
女はにこにこしている。
まるでこの世のひとじゃないみたい。
僧は社交的で若く、才気走っている。その才気がなければ
他のものがもっとよく見えるかもしれない。
ボヘミアンは蓬髪に柿渋の着物のような服を着て
ぼんやりとして無口にどこか遠くを見ている。
どこも見ていないようで
今ここで起きているすべてを見ている。

用事があって訪ねた空き家のクロゼットに何かがいる夢。
それが何なのかは解らない。人間ではない。
暗闇の中にいる形のないもの。
片付けをしようと思ってクロゼットに手を入れたら
そのままずるずると引きずり込まれそうになった。渾身の力でもぎ離す。
片付けも用事も終わっていないけど、このまま此処に居たら
引きずり込まれる、と思い、急いでコートを着る。
「それ」は寂しいのだろう、とおもったが、
「こどもがいるから帰らないと」と思った。

なんかそういう夢でした。
今日は特に文にまとまりがないなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。