背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様たち
11/26 (Thu) 01:27|
とても眠い。

今日は鈴木大拙の『東洋的な見方』を見ていました。
じっくり読む時間はなくて、ぱらっと「見た」だけ。
不二性について書いてあるところがおもしろかった。

「二分性を超越して、しかもそれを包括する」
「一だとか二だとかいうのがすでに数にとらわれた証拠であるが、
これをいわぬと、人間は社会生活を送れぬ」
「これが人間性の制約だが、人間はそれを制約と知って、
それにとらわれない仕組みを知っている。
ここに人間的なるものの妙処がある。また生き甲斐がある」

このへんとてもわかりやすいです。
「不二性」って、そんな言葉があったんだな
と思った。
こどもが言葉を覚える前って「不二」なんじゃないかな
言葉で世界を弁別しない状態・・・
とぼんやりしたあたまで考えたり
・・・なにしろ眠くて

寝ます。

でも、つけたし。

ここのところ毎日、赤ちゃんの頃の記憶って
大人になってからはほとんど思い出せないけど、
どこに蓄積されてるんだろ?とか考えていて。
集合的無意識?ブラックホール?
言葉を覚える前の赤ちゃんの世界把握って不二だよなあとも思って。

新生児は神様みたいなもんなのかもと思いました。

むぎむぎする神様…

おしっこ飛ばす神様…

うん。

そう思っただけでした!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。