背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オウエンのために祈りを
12/23 (Wed) 17:44|
今日の献立記録:
朝抜き
昼ごはん:いかと帆立のガーリックパスタ
晩ごはん:水菜と豆腐と赤魚のお味噌汁、セロリと牛肉の香味炒め、
     大根とリンゴのレモンサラダ

昨日からジョン・アーヴィングの『オウエンのために祈りを』
を必死で読んでいます。
謎めいた仕掛けがいくつもあって、キャラクターが変で、
気になって読み止められへん。
ちびが寝たらすぐさま読む!
高速で家事を済ませて読む!
高速モードに入ってたら呆れられました。
読まないでゆっくりして寝ればいいのにと言われるけど
おもしろいんだもん。
小人のオウエンというキャラクターが神秘的なのです。

そして気がついたらクリスマスが目前に迫ってるではないですか。
とはいえ、クリスマスだからって何も特別なことはないです。
たぶん地味に巣ごもっています。
というのもさみしいからちびに歌ううたを全部
讃美歌にしてみようかと思います。
いやがられそう。

クリスマスの讃美歌といったらこのへん。
「もろびとこぞりて」「荒野の果てに」
「慈しみ深き」「神の御子は」「牧人羊を」

まだもう少しあったかな。
冒頭からテンション高めだったり反対に厳かだったりで
やはり子守唄向けではない。(さっき歌ってみたら泣かれた)

「きよしこの夜」だったら大丈夫だろうか・・・

人生初のクリスマス、母親が耳元で讃美歌フルコーラス歌っている
そんな記憶が遺ったら不気味でしょうね
ちびでなくても泣くさ!
将来トラウマになる気がしないでもない今日この頃

『オウエンのために祈りを』読ーもうっと。
スポンサーサイト
|TOP| 風邪

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。