背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/01 (Mon) 19:47|夢記録
毎日いろいろ夢は見るのですが
そんなでかい内容ではないのになんとなーく頭から離れない夢があって
気になってます。
さくらの木の夢です。

夢の中で私は新築の家を建てたところ。
純和風の総檜造りで、すがすがしく広く明るくはあるのだが
どう見ても私の趣味じゃない、と思いながら家の中を歩き回っている。
家の中央は吹き抜けになっていて、そこに一本の大きな桜の木が立っている。
今も咲き誇っていて、桃と金色の花を辺りに降り零している様があでやかだった。
その木は私にとって長年の思い出のある木らしく、私がしみじみと眺めていると
老婆となった母が表れて「その木を切り倒せ」と繰り返し言う。
私は「この木を生かすことを考えて設計されている家なのだから、
切ったら家全体をやり直さなあかんやん。今建ったとこやのに」と思う。

これまたなんとなーく意味はわかるのですが
わかるけどどうしようかなーという。。。

自分の心には中心ってものがあるのだろうか あるとしたらどこに
なんてことを最近考えたりもしていましたが。

過去の思い出を中心に今現在の新築の自我が成り立ったばかりだとして
そいつを
後生大事にして中心に守ってるものを取っ払ったうえ
ぶっつぶして建て直せ、ってことじゃないのかい~

なんて果敢な母。

けどこれは確かに最近ずっと考えていたことであって。
過去の自分に頼りすぎてたらあかんというか。
そこで止まったら自分の趣味じゃない家に棲むようなかんじになるっていうか。
これからはぜんぜん違う次元でやっていかなあかんというか。
それは今までと違う新しいスタイルというか統一性が要るってことで
でもそれってどーしたらいいのさみたいな
どこから作ればいいのさみたいな
作る以前に壊さなあかんやんみたいな
また自我ばらばらになるのは怖いんやけどなあみたいな

このへんがもがきどころみたいです。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。