背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星とボールと樹脂
04/04 (Sun) 16:03|お出かけ



お天気がよかったので、近所の公園に散歩に行きました。
桜の木の下で写真を撮っている中学生たちやら
お花見をしている人たちやらで
この時期、とても賑わってます。

5・6歳くらいの兄弟がとくに桜は関係ないかんじで遊んでました。
私はちびといっしょにぼけっとベンチに座っていましたが
兄らしき男子がちょうどうちの前あたりで一人遊びをしていた。
その遊び方がおもしろかった。

拾ったボールを水道で洗い、地面に転がしてボールに一筋の泥のしまをつけます。
そして
「土星」
ぼそっと言ってまた洗いに行きました。
そうか、ボールは星になるのか。

弟らしき男子が突然走ってきてまじめな顔でしゃがみこむと
「これ」
と言ってなにかよくわからないものを渡してくれました。
そして走り去って行った。
最初何だろう?と思ったけど、たぶん公園に生えてる松の木の樹脂だと思う。
自分がそれくらいの年で人になにかあげるとしたら、それやと思うからです。

小学生のとき、樹脂が好きだった。
あまり何にも興味がもてなかったんですが
校庭の砂の中に光る雲母や、石英や、琥珀色に凝固した樹脂やそういうものに
心を奪われた。どれだけ見ても見飽きないとおもった。
しかし、当時地面や木ばかり見ていたら友達から「怒ってるの?」って言われた。
ちゃうねん。
切なかった。
この土星兄弟は最終的にボールはうっちゃって帰って行きました。
ボール自体はどうでもいいんやなあ。
すごくおもしろかったです。
少し元気がでました。

今日はあったかいなあ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。