背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝ようと思った話
05/27 (Thu) 17:03|育児
大阪でいくつか収穫がありました。

そのなかでもすぐ生活に反映できるものが「睡眠について」の発見です。
でも、発見というほどのものでもない・・・;

育児中、夜ちょっと寝てはおむつ換え、ちょっと寝てはミルク、
ちょっと寝ては毛布をかけなおす、とかっていうのが普通は続くと思うのです。

夜寝られない分を「あかちゃんとともに寝て取り戻せ!」っていうアドバイスを
先にがっつり聞いていました。
しかし、ちびが起きている間には目を離してお皿洗いとか洗濯とかできないので
寝てる間に家事をやらざるを得ず、昼寝なんてとてもできないよ~と思っていた。

夜の睡眠はというと、寝てもすぐ起きなくちゃならないことが続くと、
ガスの消費量が「OFF→ONになるとき」が一番多いように
「寝てる状態から起きる状態に移る」ときが一番しんどいので、
めんどくさくなって途中でもう寝なくなってしまう。朝4時くらいから活動しだしたり。
食欲もそうだったんだけど、何度も何度も阻害され続けると、
欲って薄れてきてしまうのかもしれないです。眠いけど、眠りたいと思わなくなっていた。

あとは、日記を書きたいとかで、他の時間は削れないので、寝る時間を削ってしまう。
というのがあって、睡眠時間が4時間くらいでした。
3時間になると、ものを落としたりふらふらしたりと
身体能力が目に見えて低下するので、とぎれとぎれに4時間はとっていました。

でも実家で6時間寝てみたとき、+2時間で心も安定するということがわかった。
自分の体がそうなだけで、4時間でも安定する人もいるかもしれないのだけど。

3時間 心身ともに不安定
4時間 身体安定
6時間 心身ともに安定

自分の場合、こうなってます。
それで、「ちょっとでも貪欲に寝よう」と思いました。
そして家事はさぼろうと思いました。(ここ重要)

よく考えたら、私はむかしほんとに寝るのが好きだった。
でも、そういうことも忘れてた気がする。
今日はちゃんと昼寝済なので悠長にこんなことを書いたり。
スポンサーサイト
等身大 |TOP| 帰宅

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。