背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑さと妹の読書と破天荒な姉について
07/21 (Wed) 20:50|日常
先日妹の見舞いにいってきたんだけども
全然退院できそうにないし、とりあえずひまなので
何か夢中になれるようなおもろい本ちょーだい、と言われて探しているところ。
なんかないか~

八月初頭あたりから大阪の実家にいるかもしれない。
姉の出産予定と妹の入院が重なっていて
もともと弱い母が体力的に双方のケアに手が回らないため
飯炊き要員として呼ばれています。

姉は自分と旦那さんのごはんくらい自分で何とかすると言ってはいるけど
自分の経験からいってそれは無理、というか相当大変じゃないかと思う。
痛くて動けないし、第一眠る時間がなくなる。
うちは出産直後1か月ほどは母の差し入れ弁当でしのいでた。
チーフが焼魚を分けてくれたり、お局様が煮物を旦那にもたせてくれたりで
あれは助かりました。

とはいえいろいろ実家にはややこしい事情もあって
どうなるかなあ、と思いながら様子を見ている。
八月初頭の姉の誕生日に元同僚F君の結婚式があって
その翌日が姉の出産予定日という
よくわからない偶然も重なっていたりして。
おもしろい。

姉は、すごい行動派。
家が厳しく、親認定の友達としか遊べなかったため
十代の頃は姉が夕方よく二階のベランダから脱出していた記憶がある。
(ヤンキーではない)
とりあえずほとんど家にいてなかった。
あとは、とにかくモテていたイメージがある。
小中学生の頃、私が塾や学校で知らない先輩に声をかけられたら
100% 姉宛てのラブレターをことづけられる用事だった。
当時はメールとかなかったから。
皆さん、妹から渡されたらちゃんと読むかもしれない、
と思っておられたんだろうか。

でもさ。ことづけられる身にもなってください!!
母の検閲を逃れてこっそり渡すのが大変だったんだ。
見つかった時は「今後はこういうものはお姉ちゃんに渡さずに
お母さんにわたしなさい」って言われた記憶があります。小六の時でした。
できるかそんなこと。
だから本当に直接渡してください!!! とか思いました。
残念ながら私は姉とはぜんぜん似ていない・・・。
性格もぜんぜん似ていない・・・。

そんなこんなで、とりあえず暑いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。