背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/03 (Fri) 21:40|未分類
今日は書類を取りに大阪へ行ったのですが無駄足に終わったので
近くの古書店をうろうろ。

『悪魔の詩(上・下)』サルマン・ラシュディ
翻訳者の五十嵐一は1991年筑波大学内で何者かに殺害されています。
それが未解決事件のままだ、ということは知っていたけど(悪魔の詩訳者殺人事件)
本の内容については知らなかった。
すごい安さで売られていてびっくりしました。いいんだろうか。
イギリスの作者による小説ですが、宗教的指導者ホメイニによる死刑宣告が行われており
翻訳者や出版にかかわった者が狙われているようです。

それはともかく、この拙いブログをずっと見てくださっていた人にはご存知の通りなのですが
私は大昔 安息なき悪魔の夢ばかり見ていた時に自殺衝動にとりつかれていたもので
悪魔の夢を脱出した時に非常にしつこかった自殺衝動がどっかに消えたことから
悪魔と死に関係があって、もしやこれはその参考になる書物なのでは
どうにかその関係を知りたい 、という個人的な理由から購入。
でもこれ小説だし、私ときたらイスラム教についてほとんど知らない・・・
なので読んでみないとわからないです。どうなんだろう。理解できるだろうか。

ほかにもケルト民話の本を買って帰りました。

とりあえず毎日色々あってばたばた中。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。