背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイレの怪談
10/08 (Fri) 21:20|日常
昨日『眠いと思って眠れるっていいなあ』とか書いておきながら
悪夢を思い出してあまり眠れなかった・・・。

なぜ悪夢ひとつでこんな反応になるかというと
これには少しいつもと違うわけがあります。
うちのマンションの裏は中学校なのですが
この部屋に決める時、不動産屋さんの営業さんが

「ぼくここの中学出身なんですよ。
ここの学校のトイレには怪談があるんです。
いくらトイレの電気を消しても、また気がつくとついてるっていう」

というような話をしていました。

その時はあまり気にしないで決めました。
しばらく住んでると、トイレの電気、消したのにいつのまにかついてることが多い。
あとトイレのドアが少し開いている状態の時、毎回勝手にきちんと閉まってくれる。
(これは建築上の理由がなにかあるのかもしれないが)
そしてテレビ、オーディオが時々勝手につく。
実家でも勝手にラジオが鳴るとかトースターがチン!て鳴るとか
電気がつくとかはあったので、慣れているつもりで当初は気にしてなかったけど
そういえば営業さんが中学校のトイレの怪談について言ってた、と思い出す。
近所に電波を発してそうな鉄塔もない。
しかしとりあえずスルーすることにしていた。

しかし昨日は、電池式の喋るおもちゃが勝手に童謡を歌ってしゃべったのです。
誰もボタン押してないのに。
日記には書かなかったけどそんなわけでナーバスになっていたのは確か。
そして悪夢を見たもようです。
その悪夢は13~15歳くらいの女の子の夢だったんだけれど、

・・・・・・あー書けない・・・・・・

なんか書けないのでいつか書けたら書こうかと思います。今日は眠りたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。