背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出せない童話
11/22 (Mon) 20:28|日常
最近、風邪で喉をやられていて子守唄が歌えないので(高い音が出せない)
寝つかせる時に童話を話すことにしました。
思い出せない部分は勝手に作ってます。
それでももうネタが尽きてきて、何を話していいやらわからなくなってきました。

今まで話した話:
白雪姫、シンデレラ、眠り姫、人魚姫、白ばらちゃん紅ばらちゃん、
美女と野獣、かぐや姫、天女の羽衣、赤ずきんちゃん、ヘンゼルとグレーテル、
アラジンと魔法のランプ、狼と七匹の子やぎ、烏と鳩、ありときりぎりす、
舌切雀、花咲か爺さん、異種婚姻譚(きつね)、見るなのくら、
桃太郎、金太郎、鶴の恩返し、つぐみの王様、長靴を履いた猫
+苦し紛れに聖書からエステル記、モーセの出生の秘密から
紅海を渡るくだりまで。

込み入った話を難しい言葉を使って話すと、よく寝てくれます。
たぶん、退屈なのではと思われる。
もっと退屈な込み入った話を記憶の中から発掘しようと思います。


最近、きもちの持ちようが少し変わりました。
昨日も音楽が勝手に再生されたり、消した電気がお風呂に入って出てきたら
勝手に点灯してたりはしてるのですが
ちびを寝かしつけたい時に子守唄をかけてくれたり(家のオーディオは
5枚CDが入るやつなので、子守唄をかける時はディスク指定が必要)、
また電気をつける手間が省けたりするので、
怖いというより、なんだかありがたい気持ちになりました。

もう、いいや、なんだかわからないけど、便利だし・・・
たまにちびをあやしてくれているみたいだし・・・
(時々、ちびは虚空を見つめて笑いながらおもちゃを「どうぞ」する)
同居人だと思えばいいんだ・・・

・・・あ、いいえ、人とかぎらないけど。何か不明な偶然の現象かもしれないけど。
とりあえず自然にあんまり気にしなくなったというか、怖くなくなったのでした。

よかった、よかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。