背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地獄
10/11 (Thu) 01:00|育児
諸々で実生活はどたばたしています。もうちょっと落ち着きたいところ。
噂の絵本『地獄』が届いたので読み聞かせ。
果たしてちびの反応は。

表紙を見て怖すぎるかなぁと思いましたが、意外にも絵を怖がったのは最初だけでした。
私が読むと迫力がないのかもしれない。しかし父が読むと怖すぎるのか
逃げてはなから聞かない。

読みながら膝にのってきていろいろ聞いてきます。
基本的に節分や一寸法師のお話で鬼に親しみがあるので、鬼が出てくると
おにーおにーと盛り上がるちび。鬼倒せないの? 誰が倒すの? って聞かれた。

しかしヒーローものじゃないので地獄じゃ鬼は倒せないよ…

そこを説明すると「えー怖いよ」と言っていた。
実生活と結びつけて話すと、お説教か、という顔をする。しかし言うことはいちおう聞く。
狙いがちょっと外れたのは、すでにあまり信じてないらしい、ということ。
といって疑っている風でもなく、たぶん他の怪談・怪物系と同じく
ナチュラルに「お話」としてくくられてる気がする…

恐怖度でいうと皿屋敷の怪談や妖怪電車の妖怪画像の方が怖いようでした。
(自分から『地獄』の絵本をもってきて読んでって言えるくらい。妖怪画像からは泣いて逃げる)

絵を指差しながらいろいろ話して考えることができるのがいいなと思いました。
ただやりすぎると確実にうるさがられる…でもモラルって基本的にどうやっても
ある程度うるさい…なんかむずかしい…

こういうのは理解しなくてよいから社会のルール的に幼時から叩きこもうかなと
思ってはいたりします。
大きくなって考える力がついたらあとは自分でやると思って。

しかし、もうちょっと信じてくれてもいいと思う。
スポンサーサイト

コメント

あまり恐がらないのは、多分ですが、自分や両親、生きる物は須く死ぬ、という、逃れられぬ恐怖を教えてないからだとキノコルゲは推測します。自分が死んだら独りぼっちで地獄で鬼に責め苦を受けると実感したら、とても恐いはず。お話として楽しめるということは、死が他人ごとだからではないでしょうか。しかし、読んでとせがむということは、興味は津々なんだと思います。まず、人は必ず死ぬ。死ぬとどうなるのか? この辺りを丁寧に説明してあげると、地獄に対する恐怖というか、畏怖の念が生まれると思います。
つまり、意味がよく分からないんですよね。死を経て地獄に行くプロセスが実感として。お化けはプロセス抜きで即物的に恐いので、分かり易い。そんな風に感じたキノコルゲでした。
2012/10/12(金) 03:15:58 |URL|キノコルゲ #- [編集]
そうか、地獄へ行くプロセスが理解できないせいかもしれないですね。そのステップは踏んでいなかったので、説明してみます。
でも母の自分も理屈だけはわかっているつもりで、死への恐怖がいまだに理解できていなかったりするので…ちびにもわかるかなあ。ちょっと自信がないです…
怖がらせることはできるかもしれないんですが。
あと、地獄を信じないのは何より親の私が地獄を信じてないせいかもしれないですね^^;
2012/10/14(日) 22:55:29 |URL|hakka #2MSNKDvE [編集]
今日、テレビで「ごきげんよう」を見ていたら、北乃きいさんが、四歳の弟さんが言うことを聞かないので、地獄絵本を見せたそうです。読ませた時の弟さんの反応は「ふーん」という感じで、すぐに遊びに行ってしまい、北乃きいさんは、絵本効果がなかったと落胆したんですが、さにあらず、実は…。なかなか面白い月末でした。
2012/11/29(木) 13:26:00 |URL|キノコルゲ #- [編集]
面白い月末でなく、結末の間違いでした(^_^;)
2012/12/02(日) 09:58:47 |URL|キノコルゲ #- [編集]
気になります; 前半、ちびと同じ反応ですが、その後、どうなったんでしょうか。
『ごきげんよう』見てればよかったなあ…
2012/12/03(月) 00:21:11 |URL|hakka #2MSNKDvE [編集]
弟さんが言うことを聞かない時、「地獄から鬼が来るよ! 妹を殴ったりしたら、殴った腕を鬼に千切られるよ!」と叱ったら、ピタリと大人しくなって、以来、何か弟さんが言うことを聞かない度に「鬼…」と怖く呟いて叱ると、忽ち素直になるそうです。どうやら秘訣は「叱る」+地獄のイメージ、ということみたいです。優しく地獄を説明するのではなく、地獄のイメージを借りて叱る、ということですね。子供に、他人ごとではなく、今自分がした悪いことが地獄で罰せられることだと、厳しく叱って自覚させ恐怖させるということです。
2012/12/03(月) 01:36:56 |URL|キノコルゲ #- [編集]
なるほど、これは気迫が必要なのですね。すごく納得しました。
あまり言いすぎると逆に嘘臭くなるかと思ってしばらく本も持ち出さずにおりますが
またおりを見て試してみます。
地獄を使ってモラルを内在化できれば、外部の罰則あるなしにかかわらず
自己抑制できるようになりますね。でも難しい…
2012/12/12(水) 20:08:29 |URL|hakka #- [編集]
しつけアプリというのが今朝のワイドショーで特集してました。子供が言うことを聞かない時、鬼から電話がかかって来たりするのですが、効果絶大でした。妖怪ギョロロが今、ホットです。
2012/12/18(火) 09:18:27 |URL|キノコルゲ #- [編集]
しつけアプリを放送しているワイドショーを見た続きで、NHKの幼児向け人形劇を見ていましたら、その内容に衝撃を受けました。
動物村の動物学校に通う、カタツムリのツムちゃんは便秘に苦しんでいます。そんなツムちゃんに先生は、便秘に良く効く葉っぱを教えてあげて、早速ツムちゃんはその葉っぱをたらふく食べてしまいます。
すると授業中に猛烈にウンコがしたくなったツムちゃんは、恥ずかしくてトイレに行きたいと言い出せず、必死に堪えます。そして休み時間になり、トイレに急ぎますが、クラスメートがわらわらと後から来て、ツムちゃんは学校でウンコをしているのを知られたら恥ずかしいからと、トイレの前から逃げ出します。
しかしツムちゃんはもう我慢の限界。何と校庭の片隅で野グソをしてしまいます。
スッキリしたツムちゃんですが、そんなツムちゃんを次なる危機が襲います。クラスメートがボール遊びをし始めます。ツムちゃんはボールがウンコのある方向に行かないかハラハラします。
しかし、ボールはウンコの方向に飛び、それを追いかけてスライディングしたゴリラ君の顔面に、あわやウンコが! という寸前となり、これは一体誰のウンコなのかと、犯人探しが始まります。
ツムちゃんはもうハラハラドキドキですが、巨大なウンコの形がツムちゃんの殻と同じ渦巻きだったことが運の尽き、ツムちゃんは泣く泣く自白します。
そしたらそこに先生が現れて、学校でウンコをすることはちっとも恥ずかしいことではないと説き、クラスメートみんなでトイレに行って仲良くウンコをするという場面で終わります。
ツムちゃんが小心者の気弱な女の子という設定と、野グソ、みんなでウンコをするというラスト、キノコルゲは久々に衝撃を受けました。
学校でウンコをするということは恥ずかしくないよ、というテーマとメッセージはよく分かるのですが、同じ学校でウンコをするにしても、野グソはいかんだろうし、誰が片付けるんだあんな巨大なウンコ、と思うキノコルゲでした。ツムちゃん、カタツムリだから手足ないし、自分の殻と同じ大きさと形のウンコ、どうやって片付けるのかなぁ。先生が片付けるのかなぁ。いろいろ後日談が気になるキノコルゲです。
2012/12/18(火) 22:31:52 |URL|キノコルゲ #- [編集]
NHKのサイトで詳細に紹介されていました。第4回、うんちしたの、だーれ? でした。サブタイトルもインパクトあるなぁ。
http://www.google.com/gwt/x?client=ms-kddi-gws-jp&gl=JP&source=sg&u=http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi%3Fdas_id%3DD0005130093_00000%26year%3D2012&ei=PTXWUPH5N5CvkgWTgoHwDA&wsc=tb&ct=pg1&whp=30
2012/12/23(日) 07:40:39 |URL|キノコルゲ #- [編集]
しつけアプリ、知らなかったので探してみます。妖怪ギョロロって名前が可愛いですね。
…すごい時代になったものだなぁ…
2012/12/23(日) 21:36:01 |URL|hakka #- [編集]
笑ってしまいました
主にキノコルゲさんのツッコミが面白かったのですが、このお話は色々とダイレクトですね!
そもそもなぜ小でなくうんち…

トイレと中々言えない恥しがり屋のキャラが必要→かたつむりのツムちゃん→小だと誰が犯人かわからないかもしれないな→うんちの形状がかたつむりだってことにしよう(適当)→じゃあ、うんちで

みたいな流れだったんだろうか、とか考えてしまいました…
2012/12/23(日) 22:05:44 |URL|hakka #2MSNKDvE [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。