背日記


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには歌を
04/25 (Wed) 07:46|日常
やることがありすぎて若干息切れしてきたので、早起きしてお茶など飲んでみている今日この頃です。

こういうときは祖母の季語集から歌でもひいてみよう。
高濱虚子の『季寄せ』から。

●春暁の雀の言葉わかりけり (竹風庵)

朝のこういう気持ちはわかる。
あと

●春の夕たえなむとする香をつぐ (蕪村)
●春宵や駅の時計の五分経ち (汀女)

こういう時間の過ごし方をしたいな、と思った。
今度の休日は何にもするまい。
絶対になんにもしないで料理つくってお茶を飲んで散歩する。

スポンサーサイト

コメント

春の陽に 去年の今が甦る 重ねて積もる 日々は想い出

キノコも浮かれて詠みました。お恥ずかしい(^^ゞ
2007/04/25(水) 09:31:31 |URL|キノコルゲ #- [編集]
いい句ができましたね!
書いてよかった(笑)
たまには詠んでみるのもいいかもしれませんね。
2007/04/27(金) 18:23:40 |URL|はっか #2MSNKDvE [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。